ニュース
» 2021年02月12日 22時00分 公開

大きな音に驚いた猫が猛ダッシュ→向かった先はまさかの…… 怖がりな猫を甘やかしてしまう漫画が面白い(1/2 ページ)

そんなオチが待っているとは。

[かのん,ねとらぼ]

 冷蔵庫の上に登った愛猫に、つま先立ちでゴハンをあげる飼い主さんを描いた漫画が、ちゃびすこさんのInstagram(@chiyabisuko)で紹介されています。

 ある日、ちゃびすこさんのおうちの猫「直さん」が朝ゴハンを食べていたときのこと、外から大きな物音と鳴き声が聞こえてきました。

猫 外を気にする直さん

 音の正体はカラスとトンビ。ケンカをしながら屋根にぶつかったようです。この付近ではよくあることと、ちゃびすこさんは気にしなかったのですが、直さんは違いました。

猫 突如ダッシュ! 

 正体不明の音に不安を感じ、外の様子を気にして、急に走り出して避難先を探しはじめます。「襲ってこないよ」「大丈夫だって!」という声は耳に入らないようで、タンタンターンっと冷蔵庫の上に飛び乗ってしまいました。そんなところはかわいらしいのですが……。

猫 避難場所の冷蔵庫上でのゴハンを所望

 冷蔵庫の上に乗ってもゴハンの続行は希望するというプチわがままなところを見せる直さん。そんな愛猫のためにつま先立ちして腕を伸ばし、お皿を掲げるちゃびすこさんは自身の行動に「さすがに甘やかしすぎだろう?」と思わずセルフ突っ込みを入れてしまったそうです。それでもゴハンは食べてほしいのです。

猫 食べ終わって満足!
猫 また逃げた?

 身長150センチのちゃびすこさんが、腕と足をぷるぷるさせながら懸命に背伸びしてあげたゴハンをおいしく食べた直さんは、まだ怖かったのか再び猛ダッシュで走りはじめます。「落ち着きなさい! 鳥いないから!」と制止する声も聞かず向かった先は!

猫 便秘解消スッキリ!

 ……なんと、トイレ。ビビったショックからか、大きいほうをもよおしたようです。これにはちゃびすこさんも意表を突かれましたが、ちょうど直さんは便秘気味だったので、「このときはラッキー(?)でした……」と結んでいます。

 結果オーライとなったこの出来事ですが、つま先立ち&腕を限界まで伸ばしたストレッチ状態のちゃびすこさんにとってはまさに試練だったことでしょう……それでもゴハンを食べさせるために耐え続けた、とっても優しいちゃびすこさんに拍手を送りたい気持ちでいっぱいです!

 ちゃびすこさんのInstagramブログ「ちゃび缶ッ!」には、直さんのことを描いた「ウチの直さん」シリーズや、オリジナル漫画、イラストなどがたくさん投稿されていますよ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」