ニュース
» 2021年02月12日 12時00分 公開

普段は無口でポンコツなクラスメイトが超カッコいい和太鼓女子だった!? ギャップを描いた漫画にしびれる(1/2 ページ)

[だいごろう,ねとらぼ]

 無口でクラスになじもうとしないけれど、いつも姿勢がよく堂々としている和太鼓女子のギャップを描いた漫画がカッコよすぎると話題です。


コマ1

 新学期早々、サチはクラスの誰とも話そうとしない吉野と日直当番になってしまいます。しかも、新しい教科書と備品を運んでくれと先生から頼まれ、いきなり吉野と2人きり。気まずい思いをしているサチをよそに、吉野は参考書が詰まった重たいダンボールを1人で持ち上げ、教室に行ってしまいました。サチは吉野の「ガチムチ」具合に驚きます。


コマ2

コマ3

 この日をきっかけに「別にキョーミあるわけじゃないから…」と思いつつ吉野を観察し始めると、運動が得意そうではなかったり、不器用だったり、テストの成績順は下から2番目だったりと、吉野は想像以上にポンコツ。おまけに放課後は脇目もふらずに教室を去っていきます。


コマ4

 放課後、友人たちと別れたサチは、1人になってしまうと何をしていいのかわからなくなり、「つまらん」と内心を吐露。バスに乗り遅れたせいでそのまま道を歩いていると、市民館の方から「ドン ドドン」と太鼓の音がきこえてきました。耳を澄ますと小学校のころに練習した「八千代太鼓」の曲で、懐かしい、楽しかった記憶がよみがえります。


コマ5

コマ6

 太鼓をたたく人たちをよく見ると、そこにはなんと吉野の姿が。生き生きとした表情で勢いよく太鼓をたたく吉野にサチはあっけにとられます。さらに、吉野はポカンとしているサチを見つけるとさわやかな笑顔を向け、サチの心は激しく揺れ動きます。


コマ7

 次の日「八千代太鼓」の動画を見ながら登校するサチでしたが、それを友人にからかわれたうえ、居合わせた吉野に聞かれてしまいます。そこでサチがとった行動とは……? 気になる結末はぜひ漫画を読んでみてください。

 「通りすがりに見かけた和太鼓女子がカッコ良かった話」の作者は、漫画制作グループstudio HEADLINEで作画を担当するえのさん(@enosirk)。今作はえのさんが通りすがりに見かけたかっこいい和太鼓女子を描きたくて作った漫画だそうです。

 また、studio HEADLINEはコミックNewtypeで2月12日から『魔女ノ結婚』の連載が始まるのでこちらも要チェック。

※作品提供:えのさん(@enosirk

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する