ニュース
» 2021年02月12日 15時35分 公開

イラストコミッションサービス「Skeb」運営会社が『静かなるドン』実業之日本社の子会社に スケブ代表「何よりもオタクや同人作家への理解がある」

「Skeb」運営会社が老舗出版社の子会社になります。

[ねとらぼ]

 実業之日本社は、イラストコミッションサービス「Skeb」を運営するスケブの過半数の株式を取得し、2月1日付で子会社化したことを発表しました。併せてスケブ代表のなるがみ氏も、Twitter上でいきさつを公表しました。


Skeb (画像は公式サイトより引用)

 スケブは、国内外から日本のクリエイターに対してイラストや音声データを有償でリクエストすることができるコミッションサービス「Skeb」を運営しています。特徴は業界最安値の手数料と最短即日入金の報酬サイクルで、2018年12月の創業以来、利用者は着実に増加。さらに昨今の社会情勢の変化により、新たな収入源を求めるクリエイターの登録が急増し、2021年2月現在、総登録者数100万人超、クリエイター登録者数約5万人、月間取引高約2億円と、国内最大級のコミッションサービスとなっています。

 一方、実業之日本社は、1897年に創業し、総合出版社として竹久夢二、中原淳一といったクリエイターに活躍の場を提供してきました。1959年には「週刊漫画サンデー」(2013年休刊)を創刊、看板作だった『静かなるドン』はいまでも電子書籍で人気を集めています。このほか、NHK Eテレでアニメ放送中の『ねこねこ日本史』『百貨店ワルツ』『Veil』など、ユニークな作品を輩出しています。


実業之日本社 (画像は公式サイトより引用)

 スケブ代表のなるがみ氏は、Skeb譲渡の理由として「強力な親会社が就くことで利用者に安心して欲しい」「趣味で開発したサービスだったが、サポート対応や保守の作業が急増し、本業や新しいことが何もできなくなった」「当初の目標だったクリエイターの地位向上について一定の成果を社会に残せた」といったことを挙げています。

 そして親会社に実業之日本社を選んだ理由として、M&Aの提案があった企業の中で実業之日本社の岩野社長だけが「ああ推しね〜」とSkebを理解したことに触れ、「何よりもオタクや同人作家への理解がある」と述べています。

 今後のSkebについては、「引き続き代表は僕が務め、手数料やキャンペーン、仕様変更の決定権も僕にあります。親会社からは今まで通り自由にやってほしいと言われていて、手数料やクリエイターファーストの方針は変わらないので安心してください。昨日から何件でも手数料無料キャンペーンを開催中です!」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する