ニュース
» 2021年02月13日 20時00分 公開

宇宙から来た白くて丸い謎の生命体 「何かの役に立ちたい」とけなげに人助けしようとする漫画に心温まる(1/2 ページ)

優しい世界。

[Tomo,ねとらぼ]

 「役に立ちたい」という思いを持って宇宙からやってきた不思議な白い生き物を描いた漫画「Helpful」が、癒やされると好評です。作者は漫画家の紺野アキラ(@conno_33)さん。

困窮する人たちの前に突然現れたのは……?

 雪に閉ざされ、食糧難にあえぐ集落に、ある日空から不思議なものがやってきます。白くて大きな球体に4本の足が生えた謎の生き物は、住民たちを助けに来たと宣言します。

寒さと食糧難に苦しむ人々の集落は、役に立ちたい生命体にとって「居るべき場所」

 遠い星からやってきた名前のない生命体は、自分や同じ星の仲間たちは「何かの役に立ちたい」という激しい情念に突き動かされていると話します。その星の仲間たちは生まれつきそれぞれ違う特別な能力を持っており、それを生かして役に立ちたいと願っているのです。

 集落にやってきた生命体が持つ能力は……雪を体内に取り込んで溶かして氷にして、フワフワのかき氷を作るというもの。自信満々に能力を披露した生命体でしたが、人々の反応は「その辺の雪食うわーい!!」と芳しくありません。それでもどうしても役に立ちたいと、生命体が見つけ出した解決策とは――?

住民の気持ちは分かる

 かき氷しか作れない生命体。寒冷地では役に立ちそうもない能力ですが、それでも何とかして役に立ちたいというけなげさがかわいらしくてキュンときます。一途さが実を結ぶラストには心が温かくなりますね。

 紺野さんが「ただただ幸せなお話を描きたかった」と作り上げたこのお話には、優しい物語にほっこりしたり、涙したり、癒やされたりした人からの称賛が寄せられています。

作品提供:紺野アキラ(@conno_33)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」