ニュース
» 2021年02月13日 14時00分 公開

金網で足が切断されたノラ猫を保護 激痛に耐えながら、人間を信頼する姿に涙があふれる(1/2 ページ)

怪我はモザイク処理されていますが閲覧注意です。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 米の非営利動物救助団体「Hope For Paws」が、金網で足が切断された猫を保護。その様子をYouTubeで公開しています。

怪我はモザイク処理されていますが閲覧注意です

 「金網で足を怪我した猫がいる」と連絡が入り、スタッフは現場に向かいます。連絡者はスタッフが到着する前に猫を捕獲し、怪我をした足に包帯を巻いてキャリーケージの中で保護していました。

ポージー 長毛の女の子です

 スタッフがキャリーケージに手を入れると、猫は少し不安そうな目をしたものの怒ることはなく、頭をなでるスタッフの手をすんなりと受け入れてくれました。猫はゴロゴロ音を出しているのですが、スタッフいわく「ゴロゴロ音は幸せだからではなく、けがの激痛に耐え、自身を落ち着かせるために発している」とのこと。今どれほどの恐怖と痛みを感じているのだろうかと、猫の心境を考えると胸が苦しくなります。しかし猫はスタッフを信頼したのか、キャリーケージからバッグへ移動させるときも大人しく身をゆだねており、一度も鳴きませんでした。

ポージー とってもおとなしい

 動物病院に到着すると、巻かれていた包帯が取られ、血に染まった前足があらわに(モザイク処理されていますが、閲覧注意です)。金網で足の半分が切断されていたようです。残った足も残念ながら手術で切断することになりました。「こんなに痛々しいけがに耐えていたなんて……」「それなのに人間を信頼して大人しくしてくれていたのか」と思うと、そのけなげな姿に涙がこぼれます。

 猫は「Posey(ポージー)」と名付けられました。術後の回復は順調で、すぐに一緒に暮らす新しい家族も見つかりました。新しい家では先住猫と仲良く遊んだり、グルーミングしてもらったり、とっても幸せそうな姿を見せています。もう二度とポージーが痛い思いをしませんように、幸せな暮らしを過ごせるように……そんな風に祈りたくなる、穏やかな表情を見せてくれています。

ポージー この世の幸せを全て享受してほしい

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する