ニュース
» 2021年02月14日 19時00分 公開

「食えない君も好きなんだ」 美しい妖怪に2つの意味で“狙われる”高校生 「送り狼」の伝承を描いた漫画にドキドキ(1/2 ページ)

送り犬は非常にバリエーション豊かな妖怪です。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 日本各地に伝承が残り、それぞれ呼び名や特徴に違いのある妖怪「送り犬」。この怪異に共通するのは「なんらかの動物(主に犬か狼)の外見をしたモノが、夜の山道を歩く人の後ろをつけてくる。その最中に転ぶと喰い殺されてしまうが、即座に“転んでいない”とごまかせば襲われない」というものです。

 今回ご紹介する作品には、送り犬の一種である「送り狼」が登場するのですが……送り狼にまつわる、ひとつの伝承を強調した内容となっています。


短編漫画「送り狼」 漫画


 帰宅する男子学生を待っていたのは、独特な雰囲気をまとう美しい女性でした。ふたりの口ぶりから見るに、女性は毎日のようにここで学生を待っていて、通学路の森の中を抜けるまで、学生の後ろをついて「送って」いるようです。


短編漫画「送り狼」 漫画

短編漫画「送り狼」 漫画

 学生が森の道を通るのには理由がありました。どうやら彼は「怪異側から見ると最高のごちそう」で、さまざまなモノに命を狙われている様子。ですが女性がいればそれらが近づいてこないらしく、「あなたがいるこの道が一番安心できる」と一定の信頼をおいているようです。

 会話を重ねながら歩みを進めるふたりでしたが、学生は何かにつまづいたらしく、地面に膝を落としてしまいます。この女性は、先を歩く人間が転んだら、それを即座に喰い殺してしまう「送り狼」。「そうしたら私はキミのこと、食べていいんだよね」と、その本性を現すのですが……。


短編漫画「送り狼」 漫画

短編漫画「送り狼」 漫画

 学生はすぐさま「石がお金に見えたので拾おうとしたのだ」とごまかします。それを受けた送り狼は納得し、次の瞬間には女性の姿に戻っていたのでした。

 そして彼女は「次からは、道にある石をすべて取り除いておく」と、言い訳の幅を狭めるような言葉を続けます。その上でこうも言いました。「だから明日も明後日も、ここを通るといい」と。

 森の中では学生を守り、「食えないキミも好きなんだ」と言いつつも、本当は食べてしまいたい……どうにも歪な愛情を抱くように見える送り狼。なぜか怪異に好かれる男子学生。徐々に言い訳の幅が狭まるであろうこの先、ふたりはいつまで良好な関係を保てるのでしょうか……。

 作者は漫画家のtomomi(@tadaresan)さん。WEBコミックガンマぷらすにて、この漫画を元にコミカライズされたアブノーマルサスペンス作品『八月九日 僕は君に喰われる。』が連載中。また、単行本の第2巻が2021年2月27日に発売予定です。

たけしな竜美




作品提供:tomomi(@tadaresan)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む