ニュース
» 2021年02月17日 15時20分 公開

ケタ違いとはこのことか! “バスケの神様”マイケル・ジョーダン、病院建設のため10億円寄付(1/2 ページ)

こういう大人になりたい。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 “バスケの神様”とも称される伝説のNBA選手マイケル・ジョーダンが2月15日、地元ノースカロライナ州に病院を建設するため1000万ドル、日本円にして約10億6000万円を寄付。2019年にも別で700万ドルを寄付しており「誰もが良質な医療にアクセスできるべき」との信念に基づく行為が称賛されています。

マイケル・ジョーダン NBA 寄付 10億円 1000万ドル 病院 建設 ノースカロライナ 地元 ホーネッツ 2003年に引退(画像はYouTubeから)

 ジョーダンが寄付先として選んだのは、ノースカロライナを含む4州で複数の病院を運営しているノバント・ヘルス(Novant Health)と呼ばれる統合ネットワーク。同団体は、過去にもジョーダンからの援助を基に2軒のマイケル・ジョーダン・ファミリークリニック(Michael Jordan Family Clinic)を建設した実績があり、貧困層が多い地域を中心に支援を続けてきました。両者は共同で公式声明を発表し、新しい病院は2022年にも開業予定だとしています。

マイケル・ジョーダン NBA 寄付 10億円 1000万ドル 病院 建設 ノースカロライナ 地元 ホーネッツ マイケル・ジョーダンが10億円を地元の医療支援のため寄付(画像はNovant HealthのInstagramから)

 ジョーダンはニューヨークで生まれるも、生後すぐにノースカロライナ州へ移住。幼少期の多くをウィルミントンで過ごしました。ノースカロライナ大学在学時にバスケットボール選手として頭角を現し大成した今では、現地に拠点を置くNBAチーム「シャーロット・ホーネッツ」の筆頭オーナーに。これまでもホーネッツの選手が病児の入院先を訪問するチャリティーなど、チームぐるみで支援を続けてきました。

 あらためて地元は自分にとって特別な場所だと強調したジョーダン。「生涯を通じて支えてくれたウィルミントンへ恩返しできることに、心から満足しています」とし「住む場所や医療保険の有無にかかわらず、誰もが良質な医療にアクセスできるべき」との信念を主張しました。

現役時代のマイケル・ジョーダン

 ジョーダンの行為へは称賛の声があがる一方で「この間700万ドル寄付したばかりなのに」「金持ちが政府がやるべき仕事をしている」と驚く声も見られました。日本のファンからも「なかなか、できることではないよね」「神様だわ」「今なお、バリバリの超スーパースター」と根強い支持が集まっています。

 同団体のカール・アルマト代表は、パンデミックによって医療格差が明白となった現代社会に言及し、新病院建設によって一刻も早く格差是正に寄与したいとの声明を発表。誰もに平等な医療を届けたいという信念を持つ「マイケルの揺るぎない協力に感謝しています」と謝意を示し、寄付は自分たちのみならず地域全体への投資だとしました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声