ニュース
» 2021年02月17日 18時36分 公開

世紀のバカゲー「ペプシマン」を現代向けにリメイク!? 海外ファン制作のデモ動画が超クオリティ

オリジナル版は一部で1万円以上の値が付くレアものです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 知る人ぞ知るビデオゲーム「ペプシマン」(リンク先Webアーカイブ)を、海外ファンがリメイクしてしまいました。あくまで個人的な試みで、リリース予定はありませんが、デモ動画がYouTubeで見られます。


ペプシマン 「ペプシマ〜ン!」の響きも懐かしいアイツが再来

ペプシマン テカテカの質感も素朴なタイトルメニューも再現

 ペプシの缶を模したメタリックなヒーロー、ペプシマンは1996年に登場した日本独自のCMキャラクター。頭を打って物理的にへこんだりする、ユーモラスな姿が人気を博しました。

 セガサターン版「ファイティングバイパーズ」にも客演していますが、今回リメイクされたのは、1999年に初代プレイステーション向けに発売されたアクションゲーム。ペプシマンがジャンプやダッシュ、スライディングを駆使して障害物をかいくぐり、人々を救出すべく疾走します。


ペプシマン デモ動画にはオリジナル版のシーンも

 カルトな人気のある同作は、発売当時の標準価格は2800円(税別)ながら現在は1万円以上の値が付くことも。販売は日本のみでしたが、海外にも熱烈なファンがいたようで、YouTuberのBanana PicturesがUnityでの再現へ挑むに至りました。


ペプシマン テカテカしたペプシマンが生き生き動く

ペプシマン

ペプシマン

ペプシマン ミスシーンもあいきょうがあって楽しい

 開発にはレイトレーシング技術を採用しているとのことで、ペプシマンのボディーもツヤツヤでテカテカ。ミスでよろめき転ぶモーションや、うなる声も生々しくて笑いを誘います。これは遊んでみたいかも……。


ペプシマン 巨大なペプシ缶から逃げるシーンも再現

ペプシマン OH……!

画像はYouTubeより


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響