ニュース
» 2021年02月17日 18時36分 公開

世紀のバカゲー「ペプシマン」を現代向けにリメイク!? 海外ファン制作のデモ動画が超クオリティ

オリジナル版は一部で1万円以上の値が付くレアものです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 知る人ぞ知るビデオゲーム「ペプシマン」(リンク先Webアーカイブ)を、海外ファンがリメイクしてしまいました。あくまで個人的な試みで、リリース予定はありませんが、デモ動画がYouTubeで見られます。


ペプシマン 「ペプシマ〜ン!」の響きも懐かしいアイツが再来

ペプシマン テカテカの質感も素朴なタイトルメニューも再現

 ペプシの缶を模したメタリックなヒーロー、ペプシマンは1996年に登場した日本独自のCMキャラクター。頭を打って物理的にへこんだりする、ユーモラスな姿が人気を博しました。

 セガサターン版「ファイティングバイパーズ」にも客演していますが、今回リメイクされたのは、1999年に初代プレイステーション向けに発売されたアクションゲーム。ペプシマンがジャンプやダッシュ、スライディングを駆使して障害物をかいくぐり、人々を救出すべく疾走します。


ペプシマン デモ動画にはオリジナル版のシーンも

 カルトな人気のある同作は、発売当時の標準価格は2800円(税別)ながら現在は1万円以上の値が付くことも。販売は日本のみでしたが、海外にも熱烈なファンがいたようで、YouTuberのBanana PicturesがUnityでの再現へ挑むに至りました。


ペプシマン テカテカしたペプシマンが生き生き動く

ペプシマン

ペプシマン

ペプシマン ミスシーンもあいきょうがあって楽しい

 開発にはレイトレーシング技術を採用しているとのことで、ペプシマンのボディーもツヤツヤでテカテカ。ミスでよろめき転ぶモーションや、うなる声も生々しくて笑いを誘います。これは遊んでみたいかも……。


ペプシマン 巨大なペプシ缶から逃げるシーンも再現

ペプシマン OH……!

画像はYouTubeより


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する