ニュース
» 2021年02月18日 20時00分 公開

朝起きた瞬間から「すでに家に帰りてぇ〜」 猫が社畜サラリーマンな漫画『社畜ねこ』に共感しかない(1/2 ページ)

「今日一日生き抜いただけでも誉められたい」。

[Tomo,ねとらぼ]

 猫の姿をした会社員「ねこ田」くんが、ハートフルな社畜ライフを送る漫画『社畜ねこ』(著者:清水幸詩郎)の単行本が発売されました(フレックスコミックス、税込693円)。

朝起きたときに既に帰りたい。その気持ち分かる

 ねこ田くんはある会社に勤めるサラリーマン。満員電車に揺られて通勤して残業をこなし、部長に無茶振りされ、起業した高校時代の同級生に「(普通のサラリーマン人生は)まじつまんなくね?」とあおられ、会社での成績は最下位……。そんなねこ田くんですが、ご褒美ぷりんや後輩とのたこパなど、社畜ライフの中にも小さな幸せを見つけながら過ごしています。

 「もう朝か〜すでに家に帰りてぇ〜」「今日一日生き抜いただけでも褒められたい」「ずっと横になって…何もしないをしてたいよ」「(税金を引かれた給与明細を見て)どうしてこんなにもらえるお金少ないんだ」「やっっっと休みだァ〜〜〜〜」――ねこ田くんの言葉や思いには、読むほどにシンパシーしかありません。ねこ田くんに自分を重ねながら、労ったり応援したりしたくなるお話です。

意味を感じない仕事、部長の無茶振り……

 『社畜ねこ』はWebサイト「COMICポラリス」で連載中。単行本には描き下ろしエピソードも収録されています。また発売を記念して、立木文彦さんがねこ田くんを演じる動画も公開されています。

表紙

(C)清水幸詩郎/COMICポラリス (C)フレックスコミックス

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響