ニュース
» 2021年02月18日 12時00分 公開

お家で中華蒸しパンを作ったら最高だった漫画 ホカホカのマントウに厚切りの焼豚をIN→メタメタにおいしい!(1/2 ページ)

おいしさが約束されている。

[だいごろう,ねとらぼ]

 「お家で中華蒸しパンを作ったら最高だった話」がとてもおいしそうです。思わずよだれが出てしまう……!


コマ1

 「緊急事態宣言」を受けお家でマントウ(中華蒸しパン)を作ったという、イラストレーターの中島悠里さん(@jimapahinasu)。材料の薄力粉・強力粉、調味料、ドライイースト、ぬるま湯に加え、あこがれの蒸籠を購入して準備万端。もっちり食感のマントウを目指します。


コマ2

コマ3

 マントウづくりは、はじめに半量の小麦粉に砂糖・ドライイースト・お湯を混ぜて40分から1時間発酵させます。次に、残りの小麦粉を足して滑らかになるまでこね、棒状に伸ばして包丁でカット。断面を整えた生地を二次発酵させ一回り大きくなったら、蒸籠で15分蒸して完成です。


コマ3

 ホカホカのマントウに厚めに切った焼豚を入れて食べてみると、「フカフカモッチリな生地にチャーシューの脂身とタレのうまみが染みわたるよ…」と感動する中島さん。さらに、酢じょうゆにつけたら酸味がきいて、さらにおいしくなるメタモルフォーゼを遂げたそうです。


コマ4

 そして、最後はプレーンなマントウに練乳をかけて食べると優しい甘みが口の中に広がります。主食にもデザートにもなるマントウ、最高。

 今作は兵庫県民の中島さんがおいしい食べ物を紹介していく漫画「神戸小麦さんぽ」の一編。また、中島さんはcakesで旅漫画「29歳、ひとりスペイン巡礼800キロの旅」を連載しています。

作品提供:中島悠里さん(@jimapahinasu

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する