ニュース
» 2021年02月19日 18時00分 公開

「じいちゃんの牧場を守りたい」 コロナ禍で乗馬客が激減した牧場がクラウドファンディングで支援を募集

温泉で有名な登別市にある牧場です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 北海道登別市にある牧場「北日本乗馬サービス バンダナ」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募っています

牧場のクラウドファンディング 北海道登別市「北日本乗馬サービス バンダナ」

 「バンダナ」は新千歳空港から高速バスで約1時間の所にある、乗馬を主とした観光牧場。3万2000坪の広大なフィールドで行う外乗が人気でしたが、新型コロナウイルスの影響で乗馬客が激減、2020年のゴールデンウイークや夏休みの売上は前年の3割以下に落ち込んでしまいました。

牧場のクラウドファンディング 広大な敷地で乗馬が楽しめる観光牧場です

 牧場には20頭の馬の他、30頭の羊、ヤギ、犬、猫、牛などが暮らしています。北海道は1年の半分が冬で、この期間の飼料代は1カ月で40万円ほどかかるとのこと。このままの状況が続けば、馬を手放す選択も考えなくてはならず、牧場自体の存続も危ぶまれるということで、今回のプロジェクトを立ち上げたそうです。

 牧場を経営しているのは70歳の「じいちゃん」。2人のボランティアスタッフさんが手伝いをしており、クラウドファンディングの発起人もボランティアスタッフの高橋なつみさんです。

 高橋さんは「この牧場はたった一人のじいちゃんが経営しています。じいちゃん一人で馬たちの飼育、広大な敷地の整備、管理をしており、資金や労働力の面で少しずつ限界が近づいています。牧場の馬たちは、北海道の気候そのままに穏やかでたくましく、そして忍耐強く、罪のない美しい馬たちです。人の心を癒し、生活を支え、共に歩んできた馬たちです。この子たちが生きる場所をここに、残していきたいです。人と馬が共生する未来を信じて、牧場からその魅力や価値を発信し続けたいと思っています」と伝えています。

牧場のクラウドファンディング 馬が大好きなじいちゃん
牧場のクラウドファンディング 世の中が落ち着いたら馬たちに会いに行きたいです

 支援のリターンは、お礼のメッセージが届く3000円のコース、オリジナルマグカップがもらえる6000円のコース、30分の外乗体験ができる1万5000円のコースなど。「馬の命名権&外乗体験」は人気があったのか、既に在庫切れとなっています。

 支援の期間は2021年2月25日23時59分まで。目標金額に関わらず集まった金額がファンディングされる、All-In方式のプロジェクトです。

牧場のクラウドファンディング 馬との対話を楽しんでいます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する