ニュース
» 2021年02月19日 19時30分 公開

X・C・Vは花形、Caps Lockは嫌われ者 キーボードショートカットのカーストを描いた漫画のわかりみが強い

便利だけどすみっこにいてちょっと押しにくい、Zさんの苦悩なども。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 キーボードのキーにはそれぞれいろんなショートカットが割り振られていますが、重要度や使用頻度でユーザーからの扱いにそれぞれ差が出てしまうもの。そんなキーたちの序列を描く擬人化漫画が、Twitterで共感を呼んでいます。


アイキャッチ ショートカット需要で忙しいX・C・Vや、邪険に扱われがちなNumLockやCaps Lockらの悲喜こもごも


 舞台はカジュアルなIT企業の社食といった様子。Ctrlとの組み合わせが便利なX(カット)、C(コピー)、V(ペースト)が忙しそうに動いていて、「エース」「リア充」と羨望を集めています。


1P Mac派のかたは、脳内でCtrlをCmdに置き換えていただけると幸いです

2P うらやましそうにしている8と9も、カッコ入力の需要がそれなりにある

 そんななか、アンドゥ(Ctrl+Z)で多用されるZにも注目が集まりますが、当の本人は浮かない顔。なんでも、クリエイター業界にアンドゥをテンキーや外部機器に割り振る人が増えたせいで、仕事が減っているというのです。Zは端のほうにありますし、押しにくいという人もいるでしょうね。


3P 作中のFキーは、ファンクションキーのこと。Windowsの場合、F2はファイルやフォルダ名の編集、F5はブラウザのリロードに便利。F6〜F10は、日本語入力中の文字種変換(それぞれひらがな化、カタカナ化、半角カタカナ化、全角英字化、半角英字化)に使えます。F11はブラウザ等の全画面化、F12はOfficeなどMS製アプリの「ファイル名を付けて保存」といった機能が

 NumLockの不遇ぶりに同情したり、隣のCaps Lockが引き起こすtoraburu……トラブルにAがグチをこぼしたりと、マイナス方向へ盛り上がる会話。そこに「どんなキーにも役割はあるから、いろんな人間のニーズに対応できる」といった意見が生まれます。

 しかし、話がポジティブな方向にまとまりかけた瞬間、「俺様には誰もかなわないけどな!!」とEnterキーが大声で登場。空気を読まない「カチャカチャターンッ!」にブーイングが飛び、漫画は幕を閉じました。

 漫画は「エンターキーうるさい人いるいるw」「最後のコマで『ターンッ』と脳内再生された」などと笑いを呼んで大好評。「Caps Lockは設定をいじってCtrlに変えた」「NumLockはBSに置き換えている」など、扱いに困りがちなキーへの対応も寄せられています。

 「Ctrl+F(文字検索)やCtrl+P(印刷)も大事」「こまめにCtrl+Sで上書き保存しないと不安」など、よく使うショートカットキーを挙げる人も。作者のタユム(@taumPikkiluna)さんは作画中にCtrl+Zを使う程度だそうですが、作業内容や使用アプリ、入力環境によってキーの序列もまた変わってきそうです。エディターのカーソルをCtrl+ESDXで動かす人も、insertキーでコピペする人も、WASDで走ってスペースで跳ぶ人もいますからね。

作品提供:タユム(@taumPikkiluna)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」