ニュース
» 2021年02月21日 20時45分 公開

「深谷ネギみたいなスティックシュガー」がかわいいと話題に 発案者は旅館のおかみ、渋沢栄一にまつわる開発の経緯を聞いた

埼玉・深谷は大河ドラマ「青天を衝け」の舞台にもなっています。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 「親父が地元でもの作って売ってるんだけど、この不況で売れないからって捻り出した答えがこのスティックシュガー。親父……」というツイートが話題になっています。ネギそっくりのスティックシュガーが、これまた本物そっくりのネギ箱に入っているかわいらしい一品です。商品発案者に、開発のきっかけと、渋沢栄一の出身地でもある地元・深谷への思いを聞きました。


深谷ネギみたいなスティックシュガー (画像提供:ENEMYS Souさん)

 この画像を投稿したのは、TwitterユーザーのENEMYS Souさん(@enemys_sou)。「深谷ネギみたいなスティックシュガー」の発案者は旅館「きん藤(きんとう)」のおかみで、協力して開発・製造したのが投稿者の父親が経営するはやし物産です。Twitter上ではこの商品に対して「めっちゃいいじゃないですか! かわいい!」「ぜひ買いたい!」と言った声が寄せられています。現在ネット通販は行っていませんが、きん藤、ふるさと館オーク、大河ドラマ館で販売されています。きん藤のおかみに、開発の経緯を聞きました。

――「深谷ネギみたいなスティックシュガー」がTwitterで話題になっているのはご存じでしょうか? その反響は旅館にも届いていますか?

 はい、周りから聞いてびっくりしています。若い方にいいねといってもらいうれしいです。旅館にTwitterを見て買いに来たという方はいらっしゃいますし、バズってから近所の「ふるさと館オーク」に置く量を増やしたところ、毎日かなり売れてるそうです。

――「深谷ネギみたいなスティックシュガー」を開発した経緯を教えてください。

 深谷市が大河ドラマ「青天を衝け」の舞台となり、大河ドラマ館が来ることになったため、2020年の今頃、商工会議所でお土産開発の講習会が開かれました。そこで、深谷は今まで観光地ではなかったのでお土産を作ろうという話になり、「これは何かしないともったいない」と思い、30分の車通勤中に考えたのがネギシュガーでした。

 忘れないようにチラシ裏に絵を描いて、翌日社長に見せましたが、その時は「売れないだろう」と却下されました。そこで親戚の会社(ネギシュガー製造元のはやし物産)にも見てもらったけれど、そこでも却下されてしまいました。

 商品開発は素人なので、「だめかもしれない」と思いましたが諦められず、女性の意見を聞いてみることにしました。旅館も製造会社も社長は男性なので、女性の意見を聞いていなかったんです。そこで若おかみの会議でこの話をしてみたところ、皆から「かわいいから絶対売れる」と言われたので、その言葉を引っ提げて社長と製造に掛け合いました。すると「試しに一回分作ってみよう」ということになったのです。

 Twitterでこの品を紹介してくれたのは、製造会社の社長の子どもで、私の遠い親戚でもあります。まさか若い人にウケるとは思いませんでしたが、今回こういう形で広まって、本当にありがたいです。

――大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一は深谷出身ですが、観光客の増加など大河ドラマの影響は感じていますか?

 遠くから来ましたという人も少しいらっしゃいますが、やはり緊急事態宣言中のため少ないです。2020年の暮れまでは渋沢栄一目当ての観光客の方でいっぱいだったのですが、緊急事態宣言でさっぱりいなくなってしまいました。今は旅館の方の潤いは全くなく、取りあえず開けてるだけという状態です。

――コロナ禍で大変な状況ではありますが、深谷に興味を抱いた方に向けて伝えたいことなどはありますか?

 深谷はいい街なんです。田舎な部分も残ってますし、古い建物があったり酒蔵があったりして、歩くと発見が多い街です。商店街も頑張っています。大河ドラマを見て気になった方は、ぜひ観光ついでにネギシュガーを買いに来ていただければうれしいです。


深谷ネギみたいなスティックシュガー (画像は公式サイトより引用)

渋沢栄一の思いが息づく街

 大河ドラマの舞台となり、注目の集まった深谷。そこから「深谷ネギみたいなスティックシュガー」という思わぬヒット商品が生まれました。おかみはこの商品について「製造会社も旅館もコロナ禍であまり業績が良くない状況で、自分だけでなく皆でもうかる案を考えたかった。渋沢栄一が『皆が幸せになるように』と言っていたのを思い出して、今回こういう形で実現できて良かったです」とコメントしています。渋沢栄一生誕の地には、今も彼の思いが息づいていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」