ニュース
» 2021年02月20日 20時00分 公開

「ゾンビに噛まれたい女の子」VS「ペロペロしかできない幼ゾンビ」 滅びゆく世界で出会った2人の少女の漫画にほのぼの(1/2 ページ)

ゾンビに癒やされる日が来るとは……。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ゾンビウイルスが世界に蔓延して3年。一人きりになってしまった少女がゾンビになりたいと願う漫画が、納得と癒しを与えてくれます。なんなんですか、このかわいすぎるゾンビは…!

腕に噛みつく幼女のゾンビ ゾンビがああああ

 ゾンビがあふれる殺伐とした世の中にあって、なぜか主人公だけは噛まれることがありません。父も母もゾンビ化し、主人公は一人きり。両親が一緒に食事をしているところを見て、自分もゾンビになりたいと願います。

ゾンビになりたくてゾンビを探す女の子 ゾンビになりたい女の子

 あるとき、幼女のゾンビが主人公の腕に噛みついてきます。「これで私もゾンビに…」と喜びますが、その子には歯がないためハモハモ、ペロペロしかできません。食べることができず痩せ細ってしまった幼ゾンビに、主人公は「食べる?」とチューブ型のキャットフードを差し出します。猫のようにペロペロ食事をするゾンビちゃんを見て、久しぶりに、一人ではない感覚を味わうのでした。

キャットフードをペロペロするゾンビ キャットフードをぺろぺろ

 ぶっとんだ世界観ながらも、人の心をしっかりと描いた作品です。幼いゾンビちゃんがとってもかわいく、読後はほっこりできます。

 この漫画を公開したのは、コバシコさん(@koba4ko)。ネット上では、「かわいい」「こんなゾンビいたらかわいくて和みますねw」「ハムハムしてたりぺろぺろしてたり可愛すぎやろ〜〜〜」といった声が寄せられました。

作品提供:コバシコさん(@koba4ko)さん

高橋ホイコ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する