ニュース
» 2021年02月21日 12時35分 公開

鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応(1/2 ページ)

最終的にファンタの公式アカウントが反応。年代が判明しました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「本日、鳥取砂丘から出土したものです」。鳥取砂丘ビジターセンターが2月16日、古い「ファンタグレープ」の空き缶を発見。Twitterでいつの時代のデザインか情報を募集したところ、とてもレアなものだったことが判明しました。ここまで形を保ったまま出てくるとは……! ねとらぼ編集部ではセンターの発見者に話を聞くことができました。


鳥取砂丘 ファンタグレープ 昔 デザイン 空き缶 出土 貴重 発見された缶には見慣れないフォントで「FANTA」の文字/画像提供:鳥取砂丘ビジターセンター(@Sakyu_visitor

 同センターが1970年代の缶ではないかと、ある程度のあたりをつけつつ情報提供を呼びかけたところ、デザインにあるのは「1955年〜1970年のロゴ」であり、「初期の缶タイプのファンタ」「長野〜西日本限定?」といった情報が次々に寄せられました。

 さらにファンタの公式アカウント(@Fanta_Japan)も反応。「これは1968〜1974年に発売されたファンタグレープ…!」と、約7年の間だけ製造されていた缶のデザインだったことが判明したのでした。「なかなかお目にかかれない、とても貴重なものです!」と公式も興奮しているのが伝わってくる!

鳥取砂丘 ファンタグレープ 昔 デザイン 空き缶 出土 貴重 昭和のデザインがすてき。ちなみに製造年月や賞味期限などの部分はちょうど見えなくなっていたそうです/画像提供:鳥取砂丘ビジターセンター(@Sakyu_visitor

 Twitterでは「子どもの頃…70年代前半の夏休み、長野の親戚の家近くの自販機でこのデザインを見つけてお土産に買った覚えがあります」と懐かしむコメントや、「太めの缶は、西日本ぐらいでの販売でした。関東では細い缶しかなく、修学旅行で京都へ行った時に、太い缶が珍しかったです」と、地域によって缶の形に違いがあったことなど、ファンタに関するさまざまな知識や思い出話が寄せられています。 

 鳥取砂丘ビジターセンターは補足として、「観光地としての鳥取砂丘になった後のモノ」だと時代背景も説明。その頃から50年近く、ほとんど錆びずに砂に埋まっていたと考えるとすごい……。

 鳥取砂丘ビジターセンター・ジオパークガイドの石川瑛代(いしかわ あきよ)さんに詳しい話を伺うと、今回の「ファンタグレープ」の空き缶は、いつものように現在の砂丘の様子を確認しているときに、馬の背(※真下から眺めると標高46メートルにもなる砂の壁、砂丘列の通称)正面からふもとに降りた辺りで発見したそうです。

 最初は缶の一部が見えているだけで、ゴミだと思って引き抜いたところ、見たことのないデザインのファンタだったことから写真を撮影。現在この缶は、他の珍しい発見物とともに一緒に保管してあるとのことです。

鳥取砂丘 ファンタグレープ 昔 デザイン 空き缶 出土 貴重 50年近く埋まっていたとは思えない見た目です/画像提供:鳥取砂丘ビジターセンター(@Sakyu_visitor

 ちなみに以前、ファンタに関しては昔の瓶が出てきたこともあったのだとか。砂丘でこうした年代物はよく見つかるのかという疑問については、「土器や寛永通宝(江戸時代の銭貨)」から、「かつて陸軍の演習場だったこともあり銃弾なんかも出てくる」との回答が。

 空き缶は、海洋ゴミとして漂着したものが、強風で砂丘に入り込むことがあるため時々見つかるとのこと。古いモノに限らなければ、特に冬の海からの季節風や台風の後などは、砂の下から空き缶以外にもさまざまなものが見つかるそうです。

鳥取砂丘 ファンタグレープ 昔 デザイン 空き缶 出土 貴重 こちらは同施設の2階にて現在展示中とのこと/画像提供:鳥取砂丘ビジターセンター(@Sakyu_visitor

 鳥取砂丘では、美しい自然を守るため1980年から春と秋の年2回、一斉清掃を実施しています。過去のゴミの量を見ると、昭和の間はゴミの収集量は1回につき約10〜20トン。その後徐々に減少していき、1998年ごろからは3トン以下に。現在では、可燃物・不燃物合わせて2トン前後のゴミが出ていることが報告されています。

 今回タイムカプセルのような形で見つかった“珍しい空き缶”ですが、鳥取砂丘では県の条例や自然公園のルールに基づき、ゴミを捨てることはもちろん、砂丘への落書きや穴を掘ったりすることも禁止しています。ゴミの投棄および掘り起こしなどの行為は絶対にやめましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」