ニュース
» 2021年02月21日 17時30分 公開

【実物レビュー】リンネル4月号増刊のふろくは「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」 ミッフィーのマスコットにかわいく収まる便利なエコバッグです

オリジナルの総柄がキュート!

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 宝島社の雑誌「リンネル」4月号増刊のふろくは「miffy(ミッフィー)ふわふわミッフィーになるエコバッグ」。オリジナルデザインの総柄バッグをミッフィーの顔型にして持ち運べる、かわいくて便利なふろくをレビューします。

ミッフィーエコバッグ レビュー 上野樹里さんが表紙のリンネル 4月号増刊

 “ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン”として、素朴でナチュラルなコーディネートやライフスタイルを提案している雑誌「リンネル」。2021年4月号では、春に向けてチェックしたい最旬アイテムを紹介する「新しいナチュラルおしゃれNEWS」や、長引くおうち時間に心も体も健やかに過ごすための秘訣が知れる「ニューノーマルTIPICS」などの特集を掲載しています。

 ふろくには、幅広い世代から人気のミッフィーが初登場。全国の書店・コンビニで発売中の通常号は「ミッフィーふわふわやわらかクッション」がついて1180円(税込、以下同)、セブン-イレブンとセブンネットショッピング限定発売の増刊号は「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」がついて1280円です。増刊号には、通常版に対し一部掲載していない記事があります。

ミッフィーエコバッグ レビュー 増刊号のふろくは白地にブルーナのイラストが映える大人かわいいエコバッグ

 増刊号のふろくのエコバッグは、ディック・ブルーナの絵本に登場する動物たちがずらりと並んだ総柄デザイン。この柄は、リンネルとのコラボレーションのためのオリジナルなのだとか。

 バッグは小さくたたんでミッフィーの顔型のマスコット部分に入れ込むことができ、まるでぬいぐるみのようにぷっくりと膨らんだかわいい姿で持ち運べます。

ミッフィーエコバッグ レビュー ライオンや象など、絵本でおなじみの動物達が並ぶ総柄デザインは必見
ミッフィーエコバッグ レビュー 顔部分はふわふわな肌触り。手のひらサイズまで小さくなります(比較はiPhone12 pro)

 バッグを広げたサイズは縦35センチ、横42センチ、マチが15センチと大きめ。2リットルのペットボトルや5箱セット売りのティッシュボックスもすっぽりと収まります。

 軽く、シャリッとした薄手のポリエステル素材ながら、耐荷重は約5キロという頼もしさも高ポイント。長く幅が広い持ち手は肩にゆったりとかけられ、日常のお買い物で重宝しそうです。

ミッフィーエコバッグ レビュー 牛乳パックも余裕で入る高さが嬉しい
ミッフィーエコバッグ レビュー マチが広く、嵩張るものも収まりが良い

 私が実際に使ってみて特に魅力を感じたのが、エコバッグの広げやすさ。収納してある状態からコードストッパーをずらすだけで簡単に引き出すことができるため、使いたい時にさっと広げられてとても便利でした。

 1点気になることがあるとすれば、この真っ白いふわふわの状態のミッフィーをいつまで維持できるのかな……ということ。ミッフィーのマスコット部分は取り外しができないため常にバッグの外側にあるだけでなく、バッグの収納時は手でしっかりと顔を握りこまなければならず、汚れが気になるところです。ミッフィーがメラニー(ミッフィーのお友達の茶色いうさぎ)にならないよう、気を配りながら使おうと思います!

ミッフィーエコバッグ レビュー 使う時には紐をゆるめるだけでOK。簡単に広げられるのでレジ前でモタつかない
ミッフィーエコバッグ レビュー 洗濯は不可。汚れた場合は濡らした布を固く絞ってふき取ると良いそうです

 今やおでかけ時の必需品となったエコバッグ。リンネル4月号増刊のふろくは、ミッフィーが好きな人はもちろん、かわいくて大容量のエコバッグを探している人にもおすすめです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」