ニュース
» 2021年02月21日 17時30分 公開

【実物レビュー】リンネル4月号増刊のふろくは「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」 ミッフィーのマスコットにかわいく収まる便利なエコバッグです

オリジナルの総柄がキュート!

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 宝島社の雑誌「リンネル」4月号増刊のふろくは「miffy(ミッフィー)ふわふわミッフィーになるエコバッグ」。オリジナルデザインの総柄バッグをミッフィーの顔型にして持ち運べる、かわいくて便利なふろくをレビューします。

ミッフィーエコバッグ レビュー 上野樹里さんが表紙のリンネル 4月号増刊

 “ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン”として、素朴でナチュラルなコーディネートやライフスタイルを提案している雑誌「リンネル」。2021年4月号では、春に向けてチェックしたい最旬アイテムを紹介する「新しいナチュラルおしゃれNEWS」や、長引くおうち時間に心も体も健やかに過ごすための秘訣が知れる「ニューノーマルTIPICS」などの特集を掲載しています。

 ふろくには、幅広い世代から人気のミッフィーが初登場。全国の書店・コンビニで発売中の通常号は「ミッフィーふわふわやわらかクッション」がついて1180円(税込、以下同)、セブン-イレブンとセブンネットショッピング限定発売の増刊号は「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」がついて1280円です。増刊号には、通常版に対し一部掲載していない記事があります。

ミッフィーエコバッグ レビュー 増刊号のふろくは白地にブルーナのイラストが映える大人かわいいエコバッグ

 増刊号のふろくのエコバッグは、ディック・ブルーナの絵本に登場する動物たちがずらりと並んだ総柄デザイン。この柄は、リンネルとのコラボレーションのためのオリジナルなのだとか。

 バッグは小さくたたんでミッフィーの顔型のマスコット部分に入れ込むことができ、まるでぬいぐるみのようにぷっくりと膨らんだかわいい姿で持ち運べます。

ミッフィーエコバッグ レビュー ライオンや象など、絵本でおなじみの動物達が並ぶ総柄デザインは必見
ミッフィーエコバッグ レビュー 顔部分はふわふわな肌触り。手のひらサイズまで小さくなります(比較はiPhone12 pro)

 バッグを広げたサイズは縦35センチ、横42センチ、マチが15センチと大きめ。2リットルのペットボトルや5箱セット売りのティッシュボックスもすっぽりと収まります。

 軽く、シャリッとした薄手のポリエステル素材ながら、耐荷重は約5キロという頼もしさも高ポイント。長く幅が広い持ち手は肩にゆったりとかけられ、日常のお買い物で重宝しそうです。

ミッフィーエコバッグ レビュー 牛乳パックも余裕で入る高さが嬉しい
ミッフィーエコバッグ レビュー マチが広く、嵩張るものも収まりが良い

 私が実際に使ってみて特に魅力を感じたのが、エコバッグの広げやすさ。収納してある状態からコードストッパーをずらすだけで簡単に引き出すことができるため、使いたい時にさっと広げられてとても便利でした。

 1点気になることがあるとすれば、この真っ白いふわふわの状態のミッフィーをいつまで維持できるのかな……ということ。ミッフィーのマスコット部分は取り外しができないため常にバッグの外側にあるだけでなく、バッグの収納時は手でしっかりと顔を握りこまなければならず、汚れが気になるところです。ミッフィーがメラニー(ミッフィーのお友達の茶色いうさぎ)にならないよう、気を配りながら使おうと思います!

ミッフィーエコバッグ レビュー 使う時には紐をゆるめるだけでOK。簡単に広げられるのでレジ前でモタつかない
ミッフィーエコバッグ レビュー 洗濯は不可。汚れた場合は濡らした布を固く絞ってふき取ると良いそうです

 今やおでかけ時の必需品となったエコバッグ。リンネル4月号増刊のふろくは、ミッフィーが好きな人はもちろん、かわいくて大容量のエコバッグを探している人にもおすすめです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響