【実物レビュー】リンネル4月号増刊のふろくは「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」 ミッフィーのマスコットにかわいく収まる便利なエコバッグです

オリジナルの総柄がキュート!

» 2021年02月21日 17時30分 公開
[ちゃすこねとらぼ]

 宝島社の雑誌「リンネル」4月号増刊のふろくは「miffy(ミッフィー)ふわふわミッフィーになるエコバッグ」。オリジナルデザインの総柄バッグをミッフィーの顔型にして持ち運べる、かわいくて便利なふろくをレビューします。

ミッフィーエコバッグ レビュー 上野樹里さんが表紙のリンネル 4月号増刊

 “ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン”として、素朴でナチュラルなコーディネートやライフスタイルを提案している雑誌「リンネル」。2021年4月号では、春に向けてチェックしたい最旬アイテムを紹介する「新しいナチュラルおしゃれNEWS」や、長引くおうち時間に心も体も健やかに過ごすための秘訣が知れる「ニューノーマルTIPICS」などの特集を掲載しています。

 ふろくには、幅広い世代から人気のミッフィーが初登場。全国の書店・コンビニで発売中の通常号は「ミッフィーふわふわやわらかクッション」がついて1180円(税込、以下同)、セブン-イレブンとセブンネットショッピング限定発売の増刊号は「ふわふわミッフィーになるエコバッグ」がついて1280円です。増刊号には、通常版に対し一部掲載していない記事があります。

ミッフィーエコバッグ レビュー 増刊号のふろくは白地にブルーナのイラストが映える大人かわいいエコバッグ

 増刊号のふろくのエコバッグは、ディック・ブルーナの絵本に登場する動物たちがずらりと並んだ総柄デザイン。この柄は、リンネルとのコラボレーションのためのオリジナルなのだとか。

 バッグは小さくたたんでミッフィーの顔型のマスコット部分に入れ込むことができ、まるでぬいぐるみのようにぷっくりと膨らんだかわいい姿で持ち運べます。

ミッフィーエコバッグ レビュー ライオンや象など、絵本でおなじみの動物達が並ぶ総柄デザインは必見
ミッフィーエコバッグ レビュー 顔部分はふわふわな肌触り。手のひらサイズまで小さくなります(比較はiPhone12 pro)

 バッグを広げたサイズは縦35センチ、横42センチ、マチが15センチと大きめ。2リットルのペットボトルや5箱セット売りのティッシュボックスもすっぽりと収まります。

 軽く、シャリッとした薄手のポリエステル素材ながら、耐荷重は約5キロという頼もしさも高ポイント。長く幅が広い持ち手は肩にゆったりとかけられ、日常のお買い物で重宝しそうです。

ミッフィーエコバッグ レビュー 牛乳パックも余裕で入る高さが嬉しい
ミッフィーエコバッグ レビュー マチが広く、嵩張るものも収まりが良い

 私が実際に使ってみて特に魅力を感じたのが、エコバッグの広げやすさ。収納してある状態からコードストッパーをずらすだけで簡単に引き出すことができるため、使いたい時にさっと広げられてとても便利でした。

 1点気になることがあるとすれば、この真っ白いふわふわの状態のミッフィーをいつまで維持できるのかな……ということ。ミッフィーのマスコット部分は取り外しができないため常にバッグの外側にあるだけでなく、バッグの収納時は手でしっかりと顔を握りこまなければならず、汚れが気になるところです。ミッフィーがメラニー(ミッフィーのお友達の茶色いうさぎ)にならないよう、気を配りながら使おうと思います!

ミッフィーエコバッグ レビュー 使う時には紐をゆるめるだけでOK。簡単に広げられるのでレジ前でモタつかない
ミッフィーエコバッグ レビュー 洗濯は不可。汚れた場合は濡らした布を固く絞ってふき取ると良いそうです

 今やおでかけ時の必需品となったエコバッグ。リンネル4月号増刊のふろくは、ミッフィーが好きな人はもちろん、かわいくて大容量のエコバッグを探している人にもおすすめです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評