ニュース
» 2021年02月23日 08時00分 公開

「本当に産んでよかったのか」コロナ禍での不安、子どもの笑顔で癒やされる漫画に心あたたまる(1/2 ページ)

子どもの笑顔を見ると大丈夫だと思える……!

[遠近透,ねとらぼ]

 「世の中がこんなふうになるなんて想像できなかった」「本当に産んでよかったのかと不安がよぎる瞬間がある」――COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行によって思わぬ悩みに襲われる母親を、ほかならぬ子どもの笑顔が救った漫画に心があたたまります。

世の中は予想もしていなかったことに……

 作者は、2児を育てる様子を漫画や絵にしてTwitterで公開している、なかのいとさん(@nakanoito1)です。

子どもの笑顔に救われる
子どもの笑顔に救われる

 新規感染確認者数の報道が当たり前の日常と化してしまった昨今。なかのいとさんは、まだ0歳の娘(こもちゃん)を抱き抱えながら思います。「こもちゃんは、ずっとお家の中で育つのかねー」

 そして続々と湧き上がる悩み……。「子供たちを授かったとき、世の中がこんなふうになるなんて想像できなかった」「無責任だと知りながらも、本当に産んでよかったのかと不安がよぎる瞬間がある」

子どもの笑顔に救われる
子どもの笑顔に救われる
子どもの笑顔に救われる

 そんな最中、「ふぇふぇ、えごうー、えふ、ふぇー」とこもちゃんの声。泣いているだけかと思ったら、顔を見てみるとにやっと笑っているような気がします。その後も声を発し続けるこもちゃんの喃(なん)語デビューに「しゃべってる、しゃべってるよ!」と感心していると、ふとこもちゃんが、じっと見つめてきました。そして……。

 「にかっ」と満面の笑み!

 すかさず「こもちゃん、笑ってくれたの!?」と問いかけると、「えごー」とお返事。これにはなかのいとさんも「天才、癒し、かわいすぎ〜〜〜〜!!」と大興奮!

 悩みや不安に襲われることはあるけれど、そのたびに子どもたちは、うれしいものや、優しいものや、美しいものがこの世界にはたくさんあることを思い出させてくれる。だから、大丈夫だと思える――窓の外の青空は、まるで、なかのいとさんの心のように晴れわたっているのでした。

作品提供:なかのいとさん(@nakanoito1

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声