ニュース
» 2021年04月13日 18時00分 公開

【まさかアレルギーじゃないと思ってた】輪ゴム、イヤフォン、スニーカー…… 身近なもので反応するラテックスアレルギー(1/2 ページ)

身近な製品に使われている天然ゴムのアレルギー。

[ねとらぼ]

 アレルギーに気付いた体験談を、ねとらぼ読者に伺う企画。今回は天然ゴム製品に反応するラテックスアレルギーがある方のお話を伺いました。

美容院の耳カバー、イヤフォン、スニーカー、ゴム手袋、採血後の止血バンド……



 ラテックスアレルギーは意外なモノで発症するので注意喚起になればと思い、体験談の投稿です。

 私が初めてこのアレルギーが出たのは、たぶん小学生のときの輪ゴムだと思います(現在は43歳です)。その他にも……

  • 美容院で髪を染めたり、パーマを当てたりするときに使う輪ゴム付きの耳カバーがかゆい
  • 手首にはめたままにしていた輪ゴムでミミズ腫れ
  • 採血後の止血バンドでかぶれ
  • 炊事用ゴム手袋でかぶれ

 ……といった経験をしていたのですが、単純に肌が弱いのだと思っていました。

―― アレルギーとは思っていなかった、と。

 これはアレルギーなのでは、と気付いたきっかけは「中国製のビーチサンダルでアレルギーを発症した」という事例のニュースを目にしたこと。ちょうどそのころ、素足でスニーカーを履いたら、きれいに靴底のゴムの形にかぶれたんですよね。

 病院に行ったら、ラテックスアレルギーとの診断を受けました。

―― アレルギー対策のために注意していることはありますか?

 ゴムっぽい製品は成分を確認したり、ラテックスフリー表記のものを選んだり。先述の通り、ラテックスはスニーカーの中、イヤフォンの先っちょのムニムニ(イヤーピース)、採血後の止血バンド……と、気付きにくいところに潜んでいます。

 私はアダルトビデオメーカー勤務なのですが、職業柄思い当たるところだとコンドーム、ボンテージなどですね(笑)。ラテックスアレルギーの自覚がある女優さん、けっこういます。

 もう1つ、私が盲点だったものを挙げると、バイクのハンドル。今までは平気だったんですが、この冬ハンドルヒーターを付けたら、手汗と反応して発症してしまいました。今は、テニスラケットのグリップテープ(革製)を巻いて対策しています。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10