ニュース
» 2021年02月25日 17時00分 公開

生き残ったお酒は「震度6強を乗り越えた勇者たち」――地震被害の“道の駅”に「たくましい」「勇気をくれる」と称賛 担当者に思いを聞いた(1/2 ページ)

「道の駅 国見 あつかしの郷」の“勇者たち”が話題になっています。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 2月13日の地震で生き残った「震度6強を乗り越えた勇者たち」を販売している道の駅が、Twitter上で話題になっています。

 話題の中心は、福島県北部にある「道の駅 国見 あつかしの郷」。このたびの地震で多大な被害を受けましたが、奇跡的に無事だった酒類などの商品を「震度6強を乗り越えた勇者たち」として販売したところ、好評を博しています。道の駅の担当者に、地震発生当時の様子や近況について話を聞きました。


震度6強を乗り越えた勇者たち

 同地を実際に訪れて画像を投稿したのは、Twitterユーザーの天然パーマと縮毛矯正さん(@kyrie0kyrie)。「先週の地震で被害のあった道の駅に来たけど、ある程度復旧していたようでよかった。そしてたくましかった」とコメントしています。この「震度6強を乗り越えた勇者たち」の投稿に対して、「奴らは震度6の地震を乗り越えた者共だ。面構えが違う」、「勇者の表現はいいですね。皆さん不安の中、勇気をくれる。写真だけでも勇気と希望をもらいました」、「縁起担ぎにもなりそう」といった声が寄せられました。

――地震の際は大変だったかと思います。地震後の道の駅の様子はいかがでしたか?

 被害としては、天井のボードが落ちたり、建物にひびが入ったり、照明が落下したりしました。道の駅なのでドレッシングなど瓶の商品が多く、約半数が落下して割れてしまいました。瓶類はほとんどだめかと思ったのですが、片付けの中で意外と大丈夫なものも出てきたんです。それらを拭いて農家のコンテナに入れて寄せておきました。これが写真に写っているものですね。奇跡的に箱がぬれただけで済んだもの、棚から落ちずに頑張っていたものなどが入っています。

 最初は身内に安く売ろうかと思ったのですが、逆に他の方にとってもすごいものなんじゃないかという話になりました。そこで地震の被害状況のパネルを貼り、道の駅の営業を再開しました、という紹介コーナーの中で「縁起物ですので定価ですが買ってください」ということでお出ししています。うちは14日〜18日まで地震の影響で休業していましたので。

――担当者さまのご自宅は大丈夫でしたか?

 自宅はそこまでじゃなくて、食器が数点割れたくらいで済みました。逆にお店が心配で夜中に駆け付けたらとんでもないことになっていましたね。閉店後だから物の被害はあったけれど、人の被害はなかったのが不幸中の幸いでした。

――まだ地震の影響は続いていますか?

 お客さまに関係する天井や壁などの部分は直しましたが、エレベーターは故障している状況です。うちの道の駅は宿泊施設を併設しているのですが、そちらは被害が大きく再稼働できていません。まだ復旧の道半ばではありますが、売り場の方は9割方元に戻ってきています。

――「震度6強を乗り越えた勇者たち」がSNSで話題になっているのはご存じでしょうか? この件について来場者からの反応はありましたか?

 SNSの件は、スタッフに教えてもらいました。「大変なことになってますね」みたいな感じで。SNSで見てきましたという人もいましたし、あそこのコーナーで5、6本“大人買い”してくれる人もいらっしゃいました。コーナーにはまだ少し商品が残ってますが、おかげ様で週末にはなくなりそうです。

――「道の駅 国見 あつかしの郷」の魅力について教えてください。

 福島県の一番北にある道の駅です。町は農業が盛んで、米と果物がよく取れます。桃が特産品で、夏は桃買いに来て下さる方が多く、桃の時期には桃一色になるような町です。今回はお酒がクローズアップされてますけども、果物の里ということで、果物のジュースなどもたくさんあります。ジュースも先ほどのコーナーに出ていますが、よく売れているので残りわずかとなっています。

 今回の件を機に、当地が果物の産地であることをもっと知っていただいて、実際に来てみたいと思っていただければうれしいです。

“勇者たち”が道の駅を救う!?

 コロナ禍に加えて地震の被害を受けた道の駅。復興途上ではありますが、「震度6強を乗り越えた勇者たち」が話題になったことで、それを目的に訪れる人も増えました。「SNSを見て、応援したくて買いに来ました」という人もいたそうです。まだまだ大変な状況は続きますが、被災地に少しでも明るい話題が増えることを願うばかりです。


震度6強を乗り越えた勇者たち

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する