ニュース
» 2021年02月25日 20時00分 公開

「折りたたみ式携帯電話」がカッコよかったあの頃…… ギャルに憧れた小学生の“ガラケー”の思い出を描いた漫画が懐かしい(1/2 ページ)

各社個性的な機種が多かったガラケーのお話です。

[ねとらぼ]

 エンドレスバブ(@endlessbabu1)さんがTwitterで連載中の「2000年代女児のおもいで」を描いた漫画が、ねとらぼGirlSideで読めるようになりました!

 心の奥にしまっていたキュンとした気持ちが懐かしさとともに迫りくるコミックエッセイをどうぞお楽しみください。

ケータイに憧れて

ケータイに憧れて

 現在アラサーのバブさんが小学生のころ、世の中は「ギャルブーム」に沸いていました。小学生のバブさんにとって、憧れだったのはギャルの必需品、携帯電話。今でこそ小・中学生でも携帯電話やスマートフォンを持っていたりしますが、折りたたみ式の携帯電話が発売されていた当時は、携帯電話は小学生にとって憧れの高級品。

 そんな時にバブさんと妹のポポミさんが見つけたのが、携帯ショップの前で処分品として50円で売られていた店頭見本(モックアップ)の携帯電話でした。

ケータイに憧れて

 電源は入らない模型の見本ですが、見た目は本物の携帯電話そのもの。お母さんには「そんな…動きもしないものどーすんのよっっ!」とつめられますが、バブさんには通話やメール以外の別の目的があったのです。それは、プリクラやシールを使ったデコレーションをすること。プリクラやタイルシール、ストラップを盛りもりにつけた“デコ電”は、小学生が思い描く“イケてるギャル”のものに違いありません……!

 デコを終えたバブさんたちは、折りたたみ式携帯電話特有の「パカッ」「カチャ」という音を聞きながら「おとなの女」になった気分に浸るのでした。

ケータイに憧れて
ケータイに憧れて

 「いつか本物を買ったら、一番にケーバン(携帯番号)とメルアドこうかんしよ…!」「はやくおとなになりたいね…」。2000年代女児の中には、友達や兄弟とそんな約束をした人も多いのではないでしょうか。スマートフォンが主流になった現代ですが、あのころ憧れた、各社の個性がつまったガラケーがふと懐かしくなります。

 「2000年代女児のおもいで」は、Twitterで最新話を公開中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」