ニュース
» 2021年02月26日 20時00分 公開

「いい弁護士は性格が悪い」 『闇金ウシジマくん』真鍋昌平の新作は偏屈な“クセ者”弁護士を描く漫画(1/2 ページ)

新たなダークヒーロー誕生。

[Tomo,ねとらぼ]

 『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平さんが描く新作漫画『九条の大罪』1巻(小学館、税別591円)が2月26日に発売されました。厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士を描いた物語です。

『九条の大罪』

 主人公の九条間人(たいざ)はビルの屋上でテント生活をしているバツイチの偏屈な弁護士。顧客は半グレ、ヤクザ、前科持ちなどが主で、ネットでは悪徳弁護士とたたかれています。

 「いい弁護士は性格が悪い」。作中でそう言われているように、九条は腕はいいようですが性格は難あり。飲酒運転でひき逃げした半グレの弁護を引き受けたときには、「被害者は死んでたほうがいい」「被害者の供述あると厄介だ」とギョッとするような発言。証拠の隠滅の指示までします。

人格を疑われるような発言も
証拠隠滅の指示まで

 一見すると世間の評判通りの悪徳弁護士に見える九条ですが、あくどく金もうけをしているわけではなく、金にならない弁護も引き受け、時には元上司の悪徳弁護士に立ち向かうことも。

 「思想信条がないのが弁護士」「道徳上許しがたいことをしても依頼者を擁護するのが弁護士の使命」「依頼人を貴賤や善悪で選別しない」――作中の九条の言葉からは彼なりの“筋”が見えてきます。何が彼をそう駆り立てるのか、タイトルにある「大罪」とは……クセの強い脇役たちやアングラな雰囲気と相まって、引き込まれていく物語です。

ネットでは悪徳弁護士とたたかれている九条
「思想信条がないのが弁護士」。そこに彼の“筋”が

(C)真鍋昌平/小学館

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」