ニュース
» 2021年02月26日 20時34分 公開

【そんなことある?】転校して2年連続ソーラン節を踊ることになりキレキレのソロ披露 「俺やん」「まじで転校あるある」と意外な共感(1/2 ページ)

転校先で人気者になれそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 「そんなことある?」という話題のツイートを紹介する企画。今回はTwitterで驚きと笑いを巻き起こした、「転校がきっかけでソーラン節のソロパートをキレキレで披露したお話」です。迫力のある舞で同級生から尊敬されまくっていそう……!


ソーラン節のソロパートをキレキレで披露

小4の頃、転校したおかげでソーラン節を2年連続でやることになり、初日から完璧に踊れるヤバい奴がいると噂になったことがあるんですが、最終的にキレキレになってしまってノリノリでソロパートをやったことがあります


【そんなことある?】転校して2年連続ソーラン節を踊ることになりキレキレのソロ披露 「俺もwww」「まじで転校あるある」と意外な共感 2周目の人生みたいだ……!

 小学校の運動会で多くの人が経験するソーラン節ですが、投稿者のざるカス(@w6l_4ne_twiter)さんは転校がきっかけで、転校前と転校先で演目が被ってしまい、2年連続でソーラン節を披露することに。そのため初日から完璧に踊れてしまい、「ヤバい奴がいる……」と学校でウワサされる事態に。動きをキレキレに仕上げてしまい、当日はソロパートをノリノリで踊りきったのでした。

 投稿には「え、ソロパートは無かったけど俺やん」「中学校は3年間全部ソーラン節」と同じように連続披露した人や、「9月運動会の学校から5月運動会の学校に途中で転校したので小学校時代、1回もソーランしてません」と偶然に回避してしまった人など、さまざまな体験談が寄せられています。地域によってはソーラン節ではなく組体操を披露することもあるようですが、大多数の人が人生のどこかで「どっこいしょーどっこいしょ ソーランソーラン」を経験しているようで、ざるカスさんの体験談をきっかけに懐かしそうに語る声が集まりました。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」