ニュース
» 2021年02月27日 19時00分 公開

殺しのターゲットは“初恋の人” 殺し屋の娘が父から非情な指令を下される漫画のラストが優しい世界(1/2 ページ)

英才教育の成果を出せるやいなや。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 殺し屋に育てられた少女が、初めて人を好きになった――。人並の感情を知って戸惑う乙女心を描いた漫画が、いろんな意味でハラハラドキドキさせてきます。作者は漫画家の屋乃啓人(@chimairasuzuki)さん。


アイキャッチ 人並に恋心を抱いた娘に過酷な指令が下る


 「私の娘としてどこに出しても恥ずかしくないように」という教育方針の下、3歳のうちから野うさぎを殺すなどの試練を与えられてきた主人公。学校で友達と遊んで恋をするといった、普通の暮らしは諦めたまま成長してきました。


アイキャッチ 出会い

 そんな彼女も、町中で転びかけたところを同じ年頃の好青年に助けられ、一瞬で恋に落ちました。一度は諦めた「普通」に心を大きく動かされながらも、「私にそんな資格……あるのかな」と思い悩みます。

 娘の気持ちをよそに、最終試練を言い渡す父親。課せられたミッションは初めての殺人、ターゲットはある政治家の御曹司――よりによって、主人公が初恋をしたあの青年でした。あまりにも過酷な運命に顔を曇らせる娘へ、「色仕掛けで誘い込むんだ」「幸福の絶頂に浸らせて殺せ」と、父親は細かく指示を出します。


アイキャッチ そして指令

 ところが、最後に告げた目標は「老いて病に伏したターゲットの手を最後まで握れ」。指定された殺しの手段は、まさかの「結婚して死別するまで相手を見届ける」なのでした。つまり好きな男と末永く幸せに暮らせってことだよ、言わせんな恥ずかしい。

 ホッとする結末に、リプライでは「こういう優しい結末で良いんだよ……!」などと安堵(あんど)の声が。「2ページ目でお父さん既に娘の気持ちに気付いてたんだな」「ウサギを殺すのはシチューの具を調達する花嫁修業だった?」など、読み返してあらためて感心する人もみられます。

作品提供:屋乃啓人(@chimairasuzuki)さん

屋乃啓人さんの著書

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」