ニュース
» 2021年02月25日 19時30分 公開

Twitterで“自称bot”による画像の悪質な無断転載横行 対策はないのか弁護士に聞いてみた(1/2 ページ)

法的手段も考えられるようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 SNSがネットで一般的になってからというもの、画像や動画の無断転載投稿が横行し続けています。Twitterでは他人の画像を勝手に使用したツイートが日々行われており、現在進行系で頭を悩ませている善良なユーザーも多い様子。今回はそんなSNSの画像無断転載に対して個人でできる対策はないのか、弁護士に話を聞いてみました。


無断転載 twitter SNS 動物 癒し bot 無断転載されてる!

 ここ最近Twitterで特にここ最近取り沙汰されているのが、“自称bot”アカウントによる無断転載。過去に一般人のアカウントが投稿して拡散された画像や動画を無断転載し、ツイート本文などもそのままコピーしたいわゆる「パクツイ」(パクリツイート)を繰り返すbotを名乗ったアカウントが数え切れないほど存在しています。


無断転載 twitter SNS 動物 癒やし bot 検索すると大量に出てくる。無断転載をしていないアカウントもあると思われるがパッと見では分からない

 その中でも特に動物系の自称botは数が多く、Twitterで人気の高いペットや野生の動物を撮影した写真や動画のパクツイを繰り返すアカウントが跡を絶ちません。愛犬の写真を多数投稿しているISSY-RIDERさん(@ISSYRIDER/以下「ISSYさん」)さんも、自称botに写真を無断転載された被害者の1人。



無断転載 twitter SNS 動物 癒やし bot 無断転載された写真(以下4枚の画像提供:ISSY-RIDERさん

無断転載 twitter SNS 動物 癒やし bot

無断転載 twitter SNS 動物 癒やし bot

無断転載 twitter SNS 動物 癒やし bot

 ISSYさんが無断転載被害にあったアカウントは14万アカウント以上のフォロワーを持つ人気アカウントで、自己紹介欄では「Twitterの利用規約に従い引用元を明記したツイートをしている」「削除依頼はDMまで」と書かれています。しかし、ISSYさんが削除依頼のリプライを送ったところ、即ブロックされてしまいました。また、無断転載された別の人が削除依頼のDMを送っても、やはり即座にブロックされてしまったとのこと。

 これらのアカウントが無断転載を繰り返す理由はただの人気取りの場合もありますが、フォロワー数を増やして高値で販売することを目的としている場合も多いといわれています。ISSYさんは今回の無断転載被害について、以下のようにコメントしています。

今回、こういったアカウントが無断転載だなんて知らなかった!という声があまりにも大きく驚いています。

botにお金を稼がれようが構わないのですが、アカウント転売等で先々誰かが犯罪被害に遭う可能性がある時に、自分の画像を勝手に使われているのは嫌だなぁというのと、今の無断転載アカウントに対する盛り上がりで、こういったbotが良くないものだという事が1人でも多くの人に伝われば良いなと思っています。

 Twitterでは著作権侵害について報告できるフォームがあるものの、加害者側に住所などが伝わってしまうなどのリスクもあります。また、何度も繰り返し無断転載され法的手段に出たい、というケースもあるはず。

 個人では対策が難しいと思われるSNSの無断転載ですが、実際のところどうなのでしょうか。弁護士に話を聞いてみました。今回回答してくれたのは、白石綜合法律事務所の宮崎大輔弁護士です。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…