ニュース
» 2021年03月02日 20時00分 公開

【漫画】「あの世へつながる電話番号」都市伝説を検証したら…… 小学生の好奇心が招いた“恐怖体験”の結末にゾワリ(1/2 ページ)

かけてはいけない電話番号のリストは確かに存在します。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 インターネット上には複数の「かけてはいけない、恐ろしい電話番号のリスト」が存在しています。今回ご紹介する作品は、まさにそのような電話番号のうわさ話を聞きつけ試してみた、という方の体験談を漫画化したものです。


フォロワーさんの「本当にあった怖い話」その34 漫画



 ある方の体験談です。その方が小学生だった頃、公衆電話にまつわるうわさ話が流行っていました。いわく「とある番号に電話をかけると、あの世につながる」というもので、その方は友人ふたりと連れ合い、実際に試してみたそうです。


フォロワーさんの「本当にあった怖い話」その34 漫画

 その方と友人は、公園に設置されているバリアフリーの大きな電話ボックスへ入り、「あの世につながる電話番号」へ発信してみたのですが……受話器からは「お掛けになった電話番号は現在使われておりません」と、その番号が存在しない旨のアナウンスが返ってくるばかり。何度やっても結果は同じで、結局どこかにつながることはありませんでした。


フォロワーさんの「本当にあった怖い話」その34 漫画

フォロワーさんの「本当にあった怖い話」その34 漫画

 やはりうわさは嘘だったのか、と諦め受話器を置いた瞬間……公衆電話から着信音が鳴り響きます。公衆電話には非公開ながらそれぞれ電話番号が割り振られており、電話がかかってくること自体はありえるのですが、何せ都市伝説を散々に検証しようとした直後です。3人は恐れをなし、その場から逃げ出そうとしますが……。

 電話ボックスで3人が「見たモノ」とは……。気になる結末は漫画本編にてお楽しみください。

 私事ですが、何年か前に「“かけてはいけない”とうわさされる番号に片っ端から電話をかけ、結果をまとめる」という検証を行ったところ、なかなかに興味深い結果が出たことを覚えています。漫画で描かれるような体験ができたかどうかは、ご想像にお任せします。

 漫画の作者はしろやぎ秋吾(@siroyagishugo)さん。「しろやぎの漫画おおめブログ」にて、読者から寄せられた怖い話や、日常を描いたエッセイ漫画などを多数公開されています。また、マンガサイト「webアクション」にて『フォロワーさんの本当にあった怖い話』を連載中です。

たけしな竜美


作品提供:しろやぎ秋吾(@siroyagishugo)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい