ニュース
» 2021年03月03日 20時00分 公開

世界が終わると知っていたら好きな人に告白できるか―― 「終末」を繰り返す女子高生を描く漫画に引き込まれる(1/2 ページ)

すべては恋のために。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 もし「世界の終わり」が来るのが分かっていたら、好きな人に告白できますか? そんな終末をくり返す世界に生きる女子高校生を描くのが、マンガ「終末のかけひき」です。人生の短さと、一歩を踏み出す勇気について考えさせられます。作者は『放課後のグランギニョル』を連載中の漫画家、天海杏菜(@kyuimuni)さん。

終末のかけひき 「予告」通りに終わる世界

 JKの土沢と花井が生きるのは、「終末」を繰り返す世界。終末の到来はあらかじめ予告され、終わりを迎えると、世界は歴史上のあるポイントからまたリスタートします。それは過去かもしれないし、未来かもしれない。すべては、終末を実行する「創世主」の思惑次第なのです。

 ある日、学校で世界の終末を予告された土沢と花井。その後、2人仲良く下校していると、遠くで「世界の終わり」が始まっているのが分かります。

 そこへ男子生徒が飛び出し、花井に告白します。とまどう花井。その間に土沢が彼女に代わって男子生徒を撃退してしまいます。終末にかこつけた告白は「ずるいし、卑怯者」だと土沢はいうのです。

 実は、土沢には前世の記憶がありました。


終末のかけひき 前世の記憶を持ちながら生きる土沢

 かつて「未来」で、花井と出会っていた土沢。「好きな人はいる?」と聞かれても、答えられないでいました。なぜなら、目の前にいる花井に恋心を抱いていたからです。さらに「その人に告白しないの?」と聞かれて、彼女は思わず「告白したら負けっていうから」とごまかしてしまうのでした。


「告白したら負け」。その言葉が……

 そして終末の炎に巻き込まれながら土沢は、世界の終わりがくることを知っていたら、花井に思いを伝えられたのに……と後悔することになります。

 しかし、前世の記憶がある土沢は、終末を迎えるたびに「きっと次がある」と、花井に告白できないまま、何度も「生」をやり直してしまいます。そう。終末の直前に告白した男子生徒のように、自分がずるくて卑怯者であることを自覚しつつも。

 土沢は、いつか花井に告白できる日が来るのでしょうか。もしかするとそれは、「世界の終末」をつかさどる「創世主」も気にかけていることなのかもしれません。あなたなら、告白できますか?


作品提供:天海杏菜(@kyuimuni)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響