ニュース
» 2021年03月27日 17時00分 公開

「男性の老人キャラはいい役が多い」 60歳でコスプレデビューした“亀仙人”から学ぶ、いつまでも趣味と人生を楽しむ方法オタクの老後(1/2 ページ)

アニメや漫画の老人キャラ、言われてみればいい役ばかり!

[しげる,ねとらぼ]

 「コスプレ」といえば、数あるオタク趣味の中でも相当にコスト、時間、材料、技術力、熱量を必要とするジャンルの一つ。しかし特段(狭義の)オタクではなかったにもかかわらず、60歳からコスプレにトライした結果、新たな人生の楽しみを見つけたのが、“亀仙人”こと河口知明さん(@kohguchi)です。

 河口さんはなぜその年齢で、それまで全くなじみのなかったコスプレに挑戦することになったのか、そしてそのメリットとは何だったのか。ご本人に直接お聞きしました。


オタクの老後 コスプレイヤー “亀仙人”こと河口知明さん

連載「オタクの老後」

この連載はねとらぼとYahoo!ニュースの共同連携企画です。90歳の「ゲーマーおばあちゃん」が注目されるなど、昨今、高齢者でもオタク趣味を持っている人は珍しくなくなってきました。いわゆる「オタク第一世代」(1960年代)も60歳を超え、「オタク」と「老後」は今後より身近なテーマになっていくと考えられます。オタク趣味とどのようにして長く付き合っていくべきか、老後の人生を満喫するためのヒントを全4回の連載で伝えます。



コスプレイベント主催をきっかけに、自らもコスプレの道へ

 河口さんは今年(2021年)で71歳になる現役コスプレイヤー。およそ10年前に、広島のコスプレイベント「コスカレード」の主催として初挑戦した『ドラゴンボール』の亀仙人コスプレがネットでは大きな話題に。それ以降も『進撃の巨人』のピクシス司令や、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター、『NARUTO』の三代目火影猿飛ヒルゼンなど、自身の年齢を生かしたコスプレに次々トライ。現在も、広島県内外でコスプレイベントを開催しながら、自身もさまざまなコスプレを披露しています。


オタクの老後 コスプレイヤー 『進撃の巨人』のピクシス司令

 またコスカレードの主催者としても、河口さんはその年齢や経験を生かして自治体や企業とのパイプ役となり、個人では手配が難しい公共施設や文化財でのイベント開催に尽力。さらにはポップカルチャーイベント「ポップカルチャーひろしま」とも協力し、国外のコスプレイヤーを広島に招待するなど、町おこしをしつつ日本のポップカルチャーを世界に広げる活動を続けてきました。


オタクの老後 コスプレイヤー 2019年に開催したイベント「ポップカルチャーひろしま2019」の様子

 河口さんがコスプレイヤーとして活躍するきっかけは、当時(2009年ごろ)の広島市長からの相談でした。そもそも河口さんは広島でTシャツを印刷する会社を40年間経営した、れっきとした社長さん。コスプレ以前の趣味はクラシックカーやクラシックバイク。また、2000年の段階でネットを通じた広告を打ち、自社の売り上げを大きく伸ばしてもいます。

「PCとか新しいものにはずっと興味があって、主催したレースの結果を自分のWebサイトに載せたりしていました。そういう意味では、コスプレの前からオタクっぽいところはあったのかなあ……と思いますね」(河口さん)

 そんな経験から得たネット販売のノウハウを、今度は地元広島の経営者に伝えていこうと決心します。そのことを当時の広島市長にメールで提案したところ、たちまち会ってみたいということになり意気投合。市長と相談した上で「広島アキハバラ塾」を開講することになりました。広島なのに秋葉原という塾の名前も、当時の秋葉忠利市長から取ったものでした。

 その後河口さんは秋葉市長から「海外出張したとき、広島といえば原爆と平和しか話題にならない。他にも日本のいろいろな文化が広島にもあることをアピールする方法はないだろうか」という相談を受けます。以前から「日本のオタクカルチャーは世界的に人気がある」という話を耳にしていたた河口さんは、「それならコスプレイベントがいいのではないか」というアイデアを思い付きます。

「このアイデアを話したら、広島城でも(被ばく建物の)旧日本銀行広島支店でもどこでも貸すからやってほしいということになりまして。それで市長室の方でアドバイザーとして見つけてきたのが、今でも一緒にイベントをやっているカワサキマミです」(河口さん)

 カワサキさんは広島のオタクカルチャーニュースサイト「広島オタクマップ」を運営している筋金入りのコスプレイヤー。河口さんから依頼を受けたカワサキさんは、河口さんに対し一つの条件を出します。「主催者の人たちもコスプレをして、場の空気を壊さないようにしてほしい」――。

 こうして河口さんは、60歳にして初めてのコスプレに挑戦することに。選んだキャラクターは『ドラゴンボール』の亀仙人。髪の毛も全部そって、発泡スチロールで甲羅を自作。アロハシャツにサングラスと髭を組み合わせ、初めてなのにほぼ自作の衣装を用意しました。こうして始まった「コスカレード」は、今や多数の外国人、取材者、行政関係者の見学も招き入れる一大コスプレイベントとなっています。


オタクの老後 コスプレイヤー 河口さんによる、初めての「亀仙人」コスプレ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい