ニュース
» 2021年03月05日 07時30分 公開

「このままの自分」を好きになってもいい 漫画「ぽっちゃりした女の子を描くようになった話」に元気づけられる(1/2 ページ)

ぽっちゃりした自分も魅力的で愛すべき自分。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 学生時代に嫌いになった“自分の絵と体”を取り戻していくまでを描いた漫画「絵描きを目指してた子が、ぽっちゃりした女の子を描くようになった話」が注目を集めています。描いたのはイラストやエッセイ漫画を投稿するhara(@hara_atsume)さん。

ボディポジティブ 悪意のない問いかけがきっかけで……

 子どもの頃から絵を描くのが好きだったharaさんは、美大受験のために通っていた画塾で女の子の絵を描くと「その女の子、なんでそんなに太っているの?」と、たびたび指摘されます。女の子がぽっちゃりしていたのは、自分の体を参考に描いていたからだと気付き、「太ってて可愛くない私」から遠ざけ、自分とはちがう細いボディラインの女の子を描くように。

ボディポジティブ 子どもの頃からあこがれていた絵を描く職業。しかし、たどり着くまでには回り道をすることになります

 自分の体形を否定し、摂食障害を抱えながらも絵を描き続けたharaさん。しかし、就職活動でファッションについてたずねられ、自分が嫌いでオシャレをする資格がないと感じていたため、「私みたいなのが絵描いて何になるんだろう」と絵が描くのが辛くなってしまいます。

ボディポジティブ 「絵」と「自分」を切り離して描く。しかし、行き詰まってしまいます

 絵の道を諦め、無関係な仕事に就いて1年。haraさんは地元の本屋で「プラスサイズ」「ボディポジティブ」という言葉に出会います。「…いいのかな もしかして。このままの私でおしゃれしたり 自分を好きになったりして」。こうしてharaさんは徐々にオシャレにも挑戦しつつ、自分自身を否定しないサイコーに可愛い女の子を描き始めるようになったのでした。

ボディポジティブ
ボディポジティブ 「可愛い」をとらえなおし、自分を好きになることで、再び楽しく絵が描けるように

 再び絵が描けるようになり4年目になるharaさん。今では摂食障害の症状は落ち着き、絵や漫画の仕事の依頼も増えているそうです。また、SNSなどを通じてプラスサイズやボディポジティブについて発信しています。

 漫画には「haraさんの絵はとってもキュートで最高に美しい」と絵の魅力について多数のコメントが。「元気が出た」「漫画を見ておしゃれしたい欲が芽生えた」など前向きな気持ちになったという声も寄せられています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」