ニュース
» 2021年03月07日 10時00分 公開

スズメvs.スズメの負けられない戦い! スズメのサッカー実況動画に「天才」「何回も見ちゃう」の声

誰が誰だか……。

[かのん,ねとらぼ]

 スズメさんたちのサッカー実況動画がYouTubeに投稿され、話題となっています。勝敗や、いかに?

「公園のすずめがサッカーしてたから実況つけた」

 「さあ、キックオフです、戦いの火ぶたが切られました!」軽快なアナウンスで始まったのは、公園に集まるスズメさんたちのサッカー実況。コロンと落ちていた丸い食べ物のようなものをボールに、白熱した試合が繰り広げられています。

 「チュンすけ選手ボールを奪ってサイドに展開」「チュンじろう選手インターセプト」「ドリブルに定評のあるチュンた選手、1羽抜いた、2羽抜いた!」スズメ選手たちの攻防は続きます。さあ勝利の女神はどちらにほほえむのか!

スズメ 2羽の取り合い

 ……と、映像に合わせて絶妙につけられた実況ですが、実際のところスズメさんたちはサッカーをしているわけではなく、落ちている食べ物を取り合っているだけ。しかし実況をつけることでかなりそれっぽくなるところがとっても面白い!

 また、画面の右上に「LIVE」、左上にはチーム名や点数、時間経過などが本当の試合の生中継のように差し込まれているのも本物感を上げていますね。チーム名のSZMは「SUZUME」、SPRは「SPARROW」の略でしょうか、芸が細かいです!

スズメ ボール(?)はどっちの足に?
スズメ シュートを打てるか?

 ちなみにこの試合(?)は、最後にカラスがやってきて選手たちがほとんど逃げてしまい、1羽だけ残ったスズメ選手の1人(羽)勝ちという結果になったのでした。

スズメ カラスがきた!
スズメ Winner!

 この動画は、YouTubeチャンネル「わっきゃい」に投稿されたもの。投稿主のわっきゃいさんによる、アナウンサーのような滑らかで聞き取りやすい実況で、すっかり本物の試合のように変化したこの動画は、再生数42万回を超える人気ぶり。Twitter(@wildkumada)に投稿された同じ動画は約397万回再生され、「いいね!」は29万件を記録しています。

 リプライ欄には「SPRが勝つだろうと思ってたけど意外とSZMが健闘してるな」「あそこのちゅん助はさすがとしか言いようがない」など、実況にのっかるコメントや、「思ったよりサッカーで草」「本当にサッカーしてるように見えてくるから不思議」「センスありすぎるんよな」とわっきゃいさんの実況力を絶賛するコメントが寄せられています。

 さらに、「名場面集」の動画もTwitterに投稿され、またもや本物っぽい仕上がりに感心しきりです……それにしても、どの子がチュンすけで、チュンじろうなのか……選手の見分けがつきません!

 投稿主のわっきゃいさんは、ニューススタイルで日常のどうでもいい話題を取り扱う「どうでもいい日常のニュース」を中心に配信中。登録者約61万を誇る人気チャンネルとなっています。

【どうでもいい日常のニュース】横断歩道渡り切れず孤立、視線集まる

画像提供:わっきゃいさん(YouTubeチャンネル「わっきゃい」/Twitter(@wildkumada)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響