ニュース
» 2021年03月09日 12時15分 公開

【追記あり】江戸川乱歩の『人間椅子』を体験できる企画展が誕生! さいたま文学館に体験の感想や見どころを聞いた(1/2 ページ)

人間椅子、座ってみるか、座られてみるか。

[十津川あきら,ねとらぼ]

【追記】記事で紹介した『人間椅子』体験会について、さいたま文学館より「感染拡大防止の観点から中止とさせていただきます」とのアナウンスが発表されました。なお、「この体験会は来年の冬の企画展で実施」予定とのことです(3月22日12時50分)

 江戸川乱歩の『人間椅子』を実際に体験できる催しが、Twitter上で話題になっています。この催しは、さいたま文学館の企画展「没後55年記念 江戸川乱歩と猟奇耽異(Curiosity Hunting)」の一環として行われるもの。企画展では、主題となっている乱歩はもちろん、「猟奇耽異(りょうきたんい)」という軸から芥川龍之介や谷崎潤一郎、佐藤春夫などにゆかりの品も紹介されます。


人間椅子 こちらが今回使われる人間椅子です(画像提供:さいたま文学館)

 江戸川乱歩の『人間椅子』は、著名な作家の元に謎の手紙が届く、という内容のスリラー小説です。その手紙には、差出人の男が椅子の中で暮らし、座る人の感触を楽しんでいるのだという赤裸々な告白が記されていました。手紙を読み進めるうちに、作家はだんだんと「自分が座っている椅子の中に、この男が隠れ住んでいるのでは?」という恐怖に駆られていきます。その後、作家の元に男から新しい手紙が届くが……? という、身の毛がよだつ描写が光る作品です。

 その人間椅子を実際に体験できるのが、今回の企画展。本展を企画するさいたま文学館の企画担当者・影山亮さんに、人間椅子を体験した感想や、展示の見どころを聞きました。

――まず、今回開催される企画展の見どころを教えてください。

 江戸川乱歩に関する展示は数多いですが、本展では差異化を図るために、いわゆる一般文壇の文豪といわれる、芥川龍之介・佐藤春夫などが手掛けた探偵小説に関する展示も数多く用意しています。活躍した時代が違ったり、生前交流がなかったりした作家でも、猟奇耽異や探偵小説という補助線を引くことで、同じモチーフでつながることができるという展示にしております。

――2020年の「太宰治と埼玉の文豪展」に引き続き、今回も文豪に関するPCブラウザゲームとタイアップされていますね。前回の評判を受けて今回もタイアップに至ったのでしょうか?

 はい。特に若い方に展示を見てもらいたいということで、今回もタイアップさせていただきました。

――「太宰治と埼玉の文豪展」は、私も実際に足を運びました。前回は学芸員の方による展示説明ツアーなどがあり、とても楽しかったのを覚えています。こういう状況下ではありますが、今回もそういった取り組みをされる予定はありますか?

 人数制限をして感染症対策をした上ではありますが、なるべく同じようにやりたいと考えています。行われるはずだった講演会やトークイベントなどはYouTubeで生配信しており、コロナ禍に対応したイベントは行っています。しかし、展示は実際に足を運んでいただいて、生のものを見ていただきたいと思いますし、こうした取り組みを両輪で行っていきたいと思います。

――『人間椅子』を体験できる企画が話題になっていますが、職員の皆さまはもう体験されましたか?

 Twitterで思っていた以上の反応をいただき、驚いています。われわれは椅子を作っていただいた際に『人間椅子』を体験しました。当館は桶川市民ホールに併設された施設なので、椅子はステージのセットなどを製作している方に作っていただいたのです。

――座ったり座られたりするのは、どのような感じがしましたか?

 やはり、気持ちが悪いなと思いました(笑)。私はもちろん同性の人間と一緒に体験しましたが、同性とではないと厳しいですし、乱歩特有の「椅子の中に入ろう」という発想自体に加えて“皮膚感覚”を体験できたので、より一層作品に関する理解が深まったと思います。乱歩の研究においては“皮膚感覚”が注目されておりまして、いわゆる「ぬめっとした」感じなどが指摘されています。布一枚を通してみた皮膚感覚で、乱歩の世界に一歩近づけたように感じました。

――その感覚をぜひ体験してみたいと思います。この企画は相手との距離感がかなり気になりそうですが、知らない人同士の場合は了承の上でやってもらう形になりますか?

 そうですね。主に想定していたのは、複数人で来場していただいて交代でやってもらう形ですが、お一人様の場合は「こちらの方と一緒でよろしいでしょうか?」という形で体験していただくことになると思います。この状況ですので、防護服を着た上でやっていただく予定です。

――人間椅子になる側ですが、大柄な人間でも入れますか?

 程度にもよりますが、身長180センチくらいまでの方なら問題ないかと思います。

――最後に、来場者に向けて一言お願いします。

 乱歩が探偵小説を書いているのは世界中の誰もが知っていることと思います。一方で、芥川龍之介や谷崎潤一郎などが探偵小説を執筆していたことはあまり知られていないように感じます。そもそも、企画展のタイトルに入っている「猟奇耽異」は、佐藤春夫が“Curiosity Hunting”を訳して、日本における探偵小説を定義づけたものです。つまりわれわれが使う「猟奇的」という言葉は、春夫が生み出したんですね。「猟奇耽異」とは、奇妙なことをあさって、人と異なることにふける、という世界のことを指します。このテーマは乱歩だけではなく、大正〜昭和初期の文豪には共通するモチーフでした。そういったことを、今回の展示を通じてぜひ知っていただければと思います。


さいたま文学館 乱歩が自身に関する手書き資料や、雑誌新聞に載った記事をスクラップした自製本『貼雑年譜』の復刻版ゲラ画像(資料:個人提供、画像提供:さいたま文学館)

さいたま文学館 『貼雑年譜』の復刻版ゲラ画像その2(資料:個人提供、画像提供:さいたま文学館)

乱歩と「猟奇耽異」の世界

 本展は、江戸川乱歩のみならず、「猟奇耽異」に関する著作を発表していた文豪たちも取り上げられます。「猟奇耽異」の世界に浸ることで、新たな発見がありそうです。どんな作品が取り上げられるのか、楽しみな方も多いことでしょう。なお、開催期間は3月24日〜4月18日の予定ですが、社会情勢の変化に伴い変更になる可能性があります。最新の情報はさいたま文学館公式サイトをご確認ください。


さいたま文学館 さいたま文学館外観(画像はさいたま文学館公式サイトより引用)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声