77歳で「細菌撲滅」を遊び続けるおばあちゃん―― 高齢ゲーマー4人に聞いた、彼らが「ゲームで遊び続ける理由」オタクの老後(1/4 ページ)

ゲームは「老後の趣味」たり得るのか。

» 2021年03月26日 17時00分 公開
[たちこぎライダーねとらぼ]

 ゲームを趣味とするゲーマーは、何歳までゲーマーであり続けるのでしょう。「仕事や子育てで忙しい」など、ゲームで遊ばなくなるきっかけはいくつもありそうですが、あえて続けるのにはどんな理由があるのでしょうか。また、そもそもゲームは“終生の趣味”たり得るのでしょうか。

 ファミリーコンピュータの発売は1983年。TVゲームに限っていえば、最初期のゲーマーがようやくおじいちゃん、おばあちゃん世代になろうとしているところです。高齢のゲーマーに、今でもゲームで遊び続けている理由を聞けば、「オタクの老後」を考える一助となるかもしれません。

 今回、その手掛かりをくれそうな50歳〜70歳代のゲーマー4人に話を聞きました。取材に応じてくれたのは、駈歩(かけあし)さんの祖母(77歳)、hobbitさん(69歳)、きららさん(50歳)、そして元ゲーム開発者だった安田圭吾さん(62歳)です。


ゲーマーの老後 高齢ゲーマーはなぜゲーマーであり続けるのだろう

 取材を通して分かってきたのは、彼・彼女らがゲームそのものよりも、ゲームの向こう側にあるものを見据えているということでした。


連載「オタクの老後」

この連載はねとらぼとYahoo!ニュースの共同連携企画です。90歳の「ゲーマーおばあちゃん」が注目されるなど、昨今、高齢者でもオタク趣味を持っている人は珍しくなくなってきました。いわゆる「オタク第一世代」(1960年代)も60歳を超え、「オタク」と「老後」は今後より身近なテーマになっていくと考えられます。オタク趣味とどのようにして長く付き合っていくべきか、老後の人生を満喫するためのヒントを全4回の連載で伝えます。



10年以上、毎日「細菌撲滅」をプレイし続けるおばあちゃん

 「ゲームを教えてくれた孫には感謝しています。これからも遊び続けます」と語るのは、Twitterユーザーの“駈歩”さんのおばあちゃん(77歳)。高齢のゲーマーを取材したいと呼びかけたところ、孫の駈歩さんから連絡があり、駈歩さんを通じて取材することができました。

 駈歩さんのおばあちゃんは、かれこれもう10年以上「細菌撲滅」というゲームにハマり続けています。かつて大ブームとなった「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(ニンテンドーDS)に収録されていたミニゲームで、パズルゲーム「ドクターマリオ」のルールが元になっています。


ゲーマーの老後 ミニゲーム『細菌撲滅』

 きっかけは、駈歩さんたち孫が「もっと脳トレ」とDS本体をおばあちゃんにプレゼントしたことでした。時々わいわいと遊ぶパーティゲームの遊び相手になってくれているおばあちゃんなら「脳トレ」も楽しんでくれるのでは、と考えたそうです。

 結果、おばあちゃんは見事に「脳トレ」にハマり、以来ほぼ毎日同ソフトに収録された「細菌撲滅」を続けてきました。ゲーム内のカレンダーには、その日に遊んだことを示す「済」マークが並んでいます。


ゲーマーの老後 2020年11月〜2021年1月のプレイ履歴。ほとんどの日に「済」マークが並ぶ

 もともと新聞のクロスワードパズルが好きなおばあちゃん、「細菌撲滅」も家事の合間や寝る前などに遊んでいます。タッチペンの筆圧が強すぎるのか、DSの画面が見えなくなるほど傷ついたため、ゲーム機本体を2度も買い換えたそうです。


ゲーマーの老後 遊びすぎてペンで触れる下の画面が傷だらけに

 おばあちゃんにとって、ゲームはあくまでも頭の体操。脳の活性化になればと遊び続けてきたようです。

 同じ目的で、おばあちゃんはゲームセンターにも月に2〜3回(コロナ禍以降は月1回に)足を運んできました。ここで遊ぶのは「グランドクロス」というメダルゲーム。駈歩さんによると、こちらも10年近くハマっているようです。日中はゲームセンターにも高齢者の姿が多く、会えばあいさつをかわす人も何人かいるのだとか。

 おばあちゃんはゲームを続ける理由について「一人でいても退屈しないし寂しくならない」と語ります。おばあちゃんは現在、駈歩さんのおじいさんと2人暮らし。昼間はおじいさんが畑仕事や町内会の仕事などで出かけることが多いため、そんなときの暇つぶしとしてゲームはぴったりでした。特にコロナ禍で外出しにくい昨今、「ゲームを教えてくれた孫には感謝している」とおばあちゃん。「暇を持て余すことがなくなり、人生に楽しみが増えて、それだけ人生にゆとりができた」とも語ってくれました。

 ただ「細菌撲滅」とメダルゲームについては「飽きずに遊び続ける」とする一方、「新しいゲームを開拓する気はありません。この年齢になると『冒険』をする気も起きないんです」と、あくまでマイペースで遊んでいるようです。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評