ニュース
» 2021年03月26日 17時00分 公開

77歳で「細菌撲滅」を遊び続けるおばあちゃん―― 高齢ゲーマー4人に聞いた、彼らが「ゲームで遊び続ける理由」オタクの老後(1/4 ページ)

ゲームは「老後の趣味」たり得るのか。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 ゲームを趣味とするゲーマーは、何歳までゲーマーであり続けるのでしょう。「仕事や子育てで忙しい」など、ゲームで遊ばなくなるきっかけはいくつもありそうですが、あえて続けるのにはどんな理由があるのでしょうか。また、そもそもゲームは“終生の趣味”たり得るのでしょうか。

 ファミリーコンピュータの発売は1983年。TVゲームに限っていえば、最初期のゲーマーがようやくおじいちゃん、おばあちゃん世代になろうとしているところです。高齢のゲーマーに、今でもゲームで遊び続けている理由を聞けば、「オタクの老後」を考える一助となるかもしれません。

 今回、その手掛かりをくれそうな50歳〜70歳代のゲーマー4人に話を聞きました。取材に応じてくれたのは、駈歩(かけあし)さんの祖母(77歳)、hobbitさん(69歳)、きららさん(50歳)、そして元ゲーム開発者だった安田圭吾さん(62歳)です。


ゲーマーの老後 高齢ゲーマーはなぜゲーマーであり続けるのだろう

 取材を通して分かってきたのは、彼・彼女らがゲームそのものよりも、ゲームの向こう側にあるものを見据えているということでした。


連載「オタクの老後」

この連載はねとらぼとYahoo!ニュースの共同連携企画です。90歳の「ゲーマーおばあちゃん」が注目されるなど、昨今、高齢者でもオタク趣味を持っている人は珍しくなくなってきました。いわゆる「オタク第一世代」(1960年代)も60歳を超え、「オタク」と「老後」は今後より身近なテーマになっていくと考えられます。オタク趣味とどのようにして長く付き合っていくべきか、老後の人生を満喫するためのヒントを全4回の連載で伝えます。



10年以上、毎日「細菌撲滅」をプレイし続けるおばあちゃん

 「ゲームを教えてくれた孫には感謝しています。これからも遊び続けます」と語るのは、Twitterユーザーの“駈歩”さんのおばあちゃん(77歳)。高齢のゲーマーを取材したいと呼びかけたところ、孫の駈歩さんから連絡があり、駈歩さんを通じて取材することができました。

 駈歩さんのおばあちゃんは、かれこれもう10年以上「細菌撲滅」というゲームにハマり続けています。かつて大ブームとなった「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(ニンテンドーDS)に収録されていたミニゲームで、パズルゲーム「ドクターマリオ」のルールが元になっています。


ゲーマーの老後 ミニゲーム『細菌撲滅』

 きっかけは、駈歩さんたち孫が「もっと脳トレ」とDS本体をおばあちゃんにプレゼントしたことでした。時々わいわいと遊ぶパーティゲームの遊び相手になってくれているおばあちゃんなら「脳トレ」も楽しんでくれるのでは、と考えたそうです。

 結果、おばあちゃんは見事に「脳トレ」にハマり、以来ほぼ毎日同ソフトに収録された「細菌撲滅」を続けてきました。ゲーム内のカレンダーには、その日に遊んだことを示す「済」マークが並んでいます。


ゲーマーの老後 2020年11月〜2021年1月のプレイ履歴。ほとんどの日に「済」マークが並ぶ

 もともと新聞のクロスワードパズルが好きなおばあちゃん、「細菌撲滅」も家事の合間や寝る前などに遊んでいます。タッチペンの筆圧が強すぎるのか、DSの画面が見えなくなるほど傷ついたため、ゲーム機本体を2度も買い換えたそうです。


ゲーマーの老後 遊びすぎてペンで触れる下の画面が傷だらけに

 おばあちゃんにとって、ゲームはあくまでも頭の体操。脳の活性化になればと遊び続けてきたようです。

 同じ目的で、おばあちゃんはゲームセンターにも月に2〜3回(コロナ禍以降は月1回に)足を運んできました。ここで遊ぶのは「グランドクロス」というメダルゲーム。駈歩さんによると、こちらも10年近くハマっているようです。日中はゲームセンターにも高齢者の姿が多く、会えばあいさつをかわす人も何人かいるのだとか。

 おばあちゃんはゲームを続ける理由について「一人でいても退屈しないし寂しくならない」と語ります。おばあちゃんは現在、駈歩さんのおじいさんと2人暮らし。昼間はおじいさんが畑仕事や町内会の仕事などで出かけることが多いため、そんなときの暇つぶしとしてゲームはぴったりでした。特にコロナ禍で外出しにくい昨今、「ゲームを教えてくれた孫には感謝している」とおばあちゃん。「暇を持て余すことがなくなり、人生に楽しみが増えて、それだけ人生にゆとりができた」とも語ってくれました。

 ただ「細菌撲滅」とメダルゲームについては「飽きずに遊び続ける」とする一方、「新しいゲームを開拓する気はありません。この年齢になると『冒険』をする気も起きないんです」と、あくまでマイペースで遊んでいるようです。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声