ニュース
» 2021年03月11日 19時45分 公開

3.11、病院で被災したナースの実録漫画が過酷な状況伝える 「ここでは医療者も患者も一緒に震災を戦う仲間でした」(1/2 ページ)

岩手の勤務先で被災した看護師の体験を漫画化。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東日本大震災から10年が経った2021年3月11日、『Ns'(ナース)あおい』で知られる漫画家のこしのりょう(@koshinoryou)さんが、病院で被災した看護師の実録漫画をTwitterで公開。当時の過酷な状況を生々しく伝えています。


アイキャッチ 苦しいなか支え合う姿に胸が熱くなる


 同作は作者が日本看護連盟の機関誌『N∞[アンフィニ]』で連載している『HANA♪うた』の一編。震災当時に岩手県立大槌病院で総看護師長を務めていた、鈴木栄子さんへの取材に基づいて描かれています。


1P

2P

 2011年3月11日当時、強い揺れに病院は騒然。まもなく停電が起こり、警報が鳴るやいなや津波が押し寄せてきました。


3P

 病院が2階まで浸水したため、職員は総出で患者を屋上へ避難。電気や水、情報などが途絶えるなか、医療者たちはありあわせの物資で患者の世話を続けます。


4P

 しかし、医療者もまた被災者。ある者は家族を心配して泣き、幼子を持つ者は乳の張りに苦しみながら働いていました。休憩時は互いにあたため合えるよう、患者たちのふとんの間に寝そべって――鈴木さんは当時の状況を「ここでは医療者・患者ではなく一緒に震災を戦う仲間でした」と振り返ります。


5P

6P

 夜が明けて2日目を迎えるも、救援は訪れず、わずかな物資でしのぐ生活が続きます。3日目にラジオでさらなる地震のおそれを知った職員たちは、病院ではこれ以上耐えられないと判断。全員で車いすを押し、自力で帰宅できない患者を近隣の学校へ避難させました。


7P

 それからの3日間で患者全員の受け入れ先が決まり、病院は一時解散。震災直前に亡くなった1人と、震災のなか亡くなった2人、3人の患者が遺体安置所に送られたといいます。


8P

9P

 職員は一時帰宅とされましたが、鈴木さんの住んでいたアパートは津波で崩壊。なんとか震災を免れた実家に帰りますが、そこには震災の影響で亡くなった母の姿がありました。混乱のなか、母はリウマチもあって満足に動けなかったのだろう――。そう察した鈴木さんは、仕方ないと自身に言い聞かせながらも、母のそばにいられなかった自分を悔やむのでした。


10P

 いたましい出来事から3カ月が経過し、鈴木さんは新たな病院へ赴任。勤務先の町はライフラインが回復し、震災前の活気を取り戻しつつありました。しかし、心の傷がまだ癒えぬ鈴木さんは、これからどう生きていけばいいのか分からずに思い悩みます。


11P

 そんな折に頼まれたのが、震災にまつわるレポート。思い出したくもないしどう書けばいいかも分からない、でも何かを始めなければ――そんな思いに駆られ、鈴木さんは筆をとりました。

 「ゆっくりでいい……全ての人が自分で傷を埋める何かを見つけられるといいなと思います」――。漫画は鈴木さんの願いと、被災した小学校でガレキに埋もれながらも、力強く咲いた桜の花で結ばれました。


12P

作品提供:こしのりょう(@koshinoryou)さん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声