ニュース
» 2021年03月12日 19時00分 公開

ロボットに乗って「怪獣と戦う漁師」の漫画が熱い 鉄と血と潮の香りに満ちた青春物語(1/5 ページ)

ロマンの塊。

[ねとらぼ]

 武装を積んだ漁船から射出されるロボット、その矛先には巨大な怪獣が――。そんなロマンあふれる描写から始まる漫画がTwitterで話題です。架空の文化“海獣獲り”が根付く日本を舞台にした、鉄と血と潮の香りに満ちた物語





 主人公の剛志は海獣獲りの家系に生まれた18歳。「海獣獲り」とは、人型機械を操り、海からやってくる巨大な生物・海獣を狩る者たちです。海獣の肉は食用に、甲羅は建築資材に、そして筋肉は人型機械の部品に生まれ変わり、余すところなく人々の暮らしを支えます。その歴史は1000年に渡り、土着の文化や信仰と密に結びついていました。


成人の儀として巨大な海獣・ガガゼオと戦う剛志

剛志の幼なじみは巫女。「海獣捕り」は信仰と密に結びついています

海獣の体は骨や臓器まで余すところなく使われます

 剛志は山ほどもある海獣ガガゼオ、通称「富士」を仕留めるほどの猛者。後継ぎとして申し分ない大人の持ち主ですが、父は戦う息子を眺めながら寂しそうにタバコをふかします。「捕獲数が減ってもうこの仕事一本じゃ食っていけない」「だから最後に息子を海の上で一人前にしてやりたかった」――。

 大地震によって噴出した鉱物資源を利用すべく、十数年前から海に作られた精製化学プラント。その影響で海獣の出現数が減り、海獣獲りは廃業に追い込まれつつありました。





 重厚感あふれる“海獣獲り”のバトル描写や、「18歳で成人の儀」「重さの単位が『匁』」といったパラレルな歴史設定、そして何より一人の青年の青春物語が心を熱くさせる作品です。熱い決戦のBGMが聞こえてきそうな結末はぜひ本編でご覧ください。

 作者は漫画家の巽(@tatsumimimi)さん。ロマンあふれるオリジナルメカの漫画やイラストをTwitterに投稿しています。



作品提供:巽(@tatsumimimi)さん


       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」