ニュース
» 2021年03月12日 12時00分 公開

薬物と暴力が支配する終末世界で旅をする姉弟の漫画 出会いと別れを繰り返す物語が切なくも美しい(1/2 ページ)

2人の旅の果てに待つものとは……?

[十津川あきら,ねとらぼ]

 姉弟が銃を片手にバイクに乗り、薬物と暴力が支配する荒野を旅する漫画が、切なくも美しい世界を見せてくれます。姉弟の旅の目的地は、薬物(ラヴ)のない場所。幸せな気分になれるというこの薬物には、何やら秘密があるようで……?


REDZONE

 この世界で寝食と同じくらい当たり前に普及している薬物、ラヴ。しかしこの薬には深刻な問題がありました。それを知る2人は薬物のない場所を探して旅をしていますが、そんな場所はなかなか見つかりません。人間の居住区が“エリア”として分断されてしまったこの世界では、薬物が通貨の代わりになることもあり、2人は薬物を憎みながらもそれを利用して旅を続けます。


REDZONE

 “戦争”後、文明が滅びつつあるこの世界は、薬物のみならず暴力もはびこっています。うら若い姉のリサ、少年である弟のミカの2人旅は、常に危険と隣り合わせです。2人は銃で武装し、命のやりとりをしながら旅をします。その過程でさまざまな人を助けたり、助けられなかったり……。行く先々で交錯する、銃弾と人の思い。さまざまな街を舞台に描かれる切ない物語に、ぎゅっと心をつかまれます。笑いあり・涙ありの道中や、迫真の戦闘描写が光る作品です。


REDZONE

 第1話で2人は、薬物に依存する街・エリア54を訪れます。街の入り口前で、街を追放されたという女性に「妹を助けてほしい」と言われた2人。街に入るなり妹を見つけ、親しくなっていきますが、街は何やら不穏な雰囲気で……? 薬物(ラヴ)の問題とは何なのか、妹を助けることはできるのか、記事の最後に1話を全編掲載しているので、そちらで確かめてみてください。


REDZONE

 この漫画にネット上では、「久々めっちゃ刺さる漫画見つけた!!!!!」「戦闘は圧巻で、映画を一本見たような充実感と爽快さ。何回読んでも飽きず読めば読むほど味がでます。」といった声が寄せられていました。

 この漫画は、漫画家の白石純さん(@siraisizyun)がヤングキングアワーズで連載中の『RED ZONE』。単行本第1巻も発売されており、第1話第0話は、Twitter上で読むことができます。白石さんはこの他に、月刊コミックゼノンで『魍魎少女』も連載中です。

作品提供:白石純さん(@siraisizyun


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」