「推しの卒業決定で10日間の有給付与」 “オタ活”への理解が深すぎる企業に「最高の会社」「まじでホワイト」の声(2/3 ページ)

» 2021年03月14日 14時20分 公開
[Kikkaねとらぼ]

――早速ですが、「推し休制」が誕生した経緯について教えてください。

鶴見社長株式会社ひろろは、「9nine」の村田寛奈ちゃんを公私ともに全力で応援するために、独立して作った「法人格のオタク」という考え方の会社です。

 なので、同じ様にアイドルなどの推しのために働きたいという人を積極採用しています。というかそういう人だけを採用しているので、面接もキャリアの話より、オタク活動の話を重視してます。

 とにかくオタクが楽しく働ける社内環境をつくる制度の一環として、ライブやイベントのために会社を休める「推し休制」を元々作っていました。

動画が取得できませんでした
ひろろがプランナー・クリエイティブディレクターとして関わったCM

――会社名の「ひろろ」も、村田寛奈さんの愛称からですよね。もともとの「推し休制」に慶弔休暇が加わったきっかけは何だったのでしょうか。

鶴見社長今回、慶弔休暇ということで推しの卒業や結婚を制度に加えたきっかけは、社員の推し「あっとほぉーむカフェ」のひるねちゃんが卒業してしまうと聞いたことです。「元気になるまでしばらく休んでいい」と伝えたのですが、会社としてバックアップする必要もあると考え、この制度を作りました。


推し休制 「ひろろ」の推し休制

――推しの卒業だけでなく、結婚発表も含まれていることもユニークですよね。

鶴見社長昨年(2020年)、声優の水樹奈々さんのファンである広告プランナーの方と仕事をしていたときのことです。東大卒ということもあり普段は理知的で淡々と仕事をするタイプの方だったのですが、彼女の結婚が発表された日は、動揺でまったく打ち合わせになりませんでした。そういった経験から、推しの結婚も制度に加えようと思いました。

 また私自身も推しているグループのメンバーが脱退や卒業したり、活動休止や解散になったりと仕事が手に付かない精神状態を何度か経験しているので、自分にとっても必要不可欠な休暇だと思っています。

――実際に推し休制を利用する予定のある方はいますか。

鶴見社長前述の社員が実際に取得しています。制度では3日間の休暇となりますが、1日分はすぐに取得し、残りの2日分は推しの卒業当日から2日間連続で使いたいと申請がありましたので、その形で取得してもらえればと思います。

――ネット上での反響について、どのように感じましたか。

鶴見社長こんなにたくさんの方に賛同して褒めていただけるとは思ってもいませんでした。海外の方も含めて、世界中の「推しが生きがい!」という方々の気持ちが、今回のツイートで少しつながった気がしてとてもうれしいです。

 また、現在求人はしていないのですが、採用の問い合わせを10件以上いただいてしまい、推しと生きる方々にとって居心地の良さそうな職場と思っていただけたのであれば、これほどうれしいことはありません。ぜひそういう方々と、もっと一緒に働けるように頑張りたいです。

 オタクの活動全般がそうなのですが、実際に体験していない人には、推しがいる楽しさも卒業の悲しさも理解できないと思います。なので、誰にも話せずに一人で落ち込んだり、その様子が気持ち悪いといわれたり、悲しい思いをすることも多いです。

 僕は、ダイバーシティーというのは、自分が「理解できない痛み」についてその存在を認めて、和らげていく努力がすべての人に求められる時代のことだと思っています。今回の件で、「そういう生き方の人もいるんだね」と気づいてもらって、みんながみんなにやさしくできる世界に、ちょっとでも近づいたなら、すごくいいなと思っています。


 このほかにも「ヲタ活補助制度」として、村田寛奈さんが出演するイベント、ライブ、舞台のチケット購入、グッズ購入等は上限なしで全額補助する「ひろろ補助」。推しのライブへ参加する場合、1遠征につき国内5000円以内、海外1万円以内の補助金を支給する「遠征補助」。

 推しの大切なワンマンライブへ参加する場合、めいっぱい楽しめるようにグッズ、チケット購入等のため5,000円の補助金を支給する「大切なワンマン補助」。推しの大切なシングルが発売される場合、複数購入のため100枚につき1万円の補助金を支給する「大切なシングル補助」。

 新規で推すグループの初回の特典会参加に限り、特典会参加費用として1000円の補助金を支給する「推し増し接触補助」。イベント後等にヲタクと楽しく飲んだり食べたりした場合、1回につき1000円の補助金を支給する「ヲタ交流金制度」など、ユニークな制度を設けている同社。


推し休制 ユニークな制度

 COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の流行以前に制定されたものが多いため、現状使いづらいものもあるそうですが、鶴見社長は「早くコロナが落ち着いて、いっぱい使ってほしいです」とコメント。なお上記の制度は従業員専用とのことで、役員である鶴見社長自身は使えないとのことでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」