ニュース
» 2021年03月15日 19時00分 公開

【実物レビュー】Sweet4月号のふろくは「スヌーピー」のトート&エコバッグ! 便利に使えるかわいいバッグはクオリティも高めです

スヌーピーのイラストにほっこり。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌「Sweet(スウィート)」4月号(1080円、税込)のふろくは、スヌーピーのキャンバストートとエコバッグの2点セット。あわせて使うとかわいい仕掛けがついた、ワンマイルのおでかけにぴったりなふろくをレビューします。

sweet 4月号 付録 表紙は2020年12月にE-girlsを卒業したばかりの佐藤晴美さん

 宝島社の女性向けファッション誌「Sweet」2021年4月号が発売されました。巻頭特集「変わる私と、変わらない私。」では、おしゃれへの意識が変わりつつある今こそ“変えていきたいモノ“と”そのまま大切にしたいモノ”両方の視点から、春がもっと楽しくなるアイデアを提案しています。

 ふろくは、「スヌーピー おでかけトート+エコバッグの2個セット」。ざっくりした風合いのキャンバス地にスヌーピーハウスの赤い屋根が映えるトートバッグと、おなじみのスヌーピーの仲間たちの顔を総柄でデザインしたエコバッグのセットです。

sweet 4月号 付録 マチの広いキャンバス地のトートバッグと、レジ袋タイプのエコバッグ

 スヌーピーのイラストを大きくプリントしたトートバッグは、縦21×横28.5×マチ10センチと、ちょっとしたおでかけには十分なサイズ。500ミリのペットボトルが縦にも横にも入ります。

 小さなポケットが外側にひとつ付いているだけで、内側は仕切りのないシンプルな作りなので、中に入れるものを選びません。細かなものはポーチなどで仕分け収納すれば問題なし。春先に持ち歩く羽織ものなど、かさばるものもすっぽり収まります。

 底がラウンドしていて、手に持った時のシルエットがコロンとかわいい点も高ポイント。全体に縫製がしっかりしており、雑貨屋さんで売っているバッグと大差ないクオリティです。

sweet 4月号 付録 端にちょこんと描かれたウッドストックがかわいいアクセント。プリントは表だけで、裏面は無地のバッグです
sweet 4月号 付録 広いマチと収納力を生かして、お家でインテリアバッグとしても使うのも良いかも! 日用品のストック入れにしようかな

 落ち着いたベージュカラーがこなれた雰囲気のエコバッグは、軽く、薄手のポリエステル素材。A4サイズがちょうど収まり、コンビニのお弁当が平らに入れられる、日常使いに一番便利なサイズです。バッグの内側のポケットに折込んでコンパクトにできるパッカブル仕様で、小さく畳むと、スヌーピーとウッドストックがぎゅっとハグをしている愛らしい姿に変身します。広げても畳んでもかわいいエコバッグは、お買い物の時間を楽しくしてくれそう!

sweet 4月号 付録 小さく見えても牛乳パックやペットボトルがたっぷり入る大きさ。耐荷重は5キロと頑丈な作りがうれしい
sweet 4月号 付録 折り畳むとスヌーピーとウッドストックの仲良しデザインに

 畳んだエコバッグは、トートバッグの外ポケットにちょうど収まります。まるでスヌーピーとウッドストックがハウスから顔を出しているみたい。ついつい忘れがちなエコバッグも、定位置があればいつでも忘れずに持ち歩けそうですね。

sweet 4月号 付録 スヌーピーとウッドストックがお家に帰ってきたみたい

 それぞれ単独で便利に使えるだけでなく、セットならではのかわいい仕掛けもついたバッグは、春のお散歩やお買い物で活躍してくれるはず。スヌーピーファンならずとも必見のふろくです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声