ニュース
» 2021年03月18日 12時53分 公開

超太っ腹! SIE、ステイホーム支援で「Horizon Zero Dawn」や「The Witness」など10タイトル無料配布へ

人類はパズルから逃げられない。

[ねとらぼ]

 ソニー・インタラィテクブエンタテインメントは3月18日、ステイホーム支援企画「Play At Home」イニシアチブの第3弾として、「Horizon Zero Dawn」や「The Witness」などPS4用タイトル10本を3月26日より順次無料配布することを発表しました。いずれも期間限定での配布ですが、期間中に受け取っておけば終了後も引き続き無料でプレイすることが可能。PS Plus会員である必要はなく、PSユーザーであれば誰でも受け取れます。




 3月26日から配布されるのは、「ABZU」「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」「Rez Infinite」「Subnautica(サブノーティカ)」「The Witness」「ASTRO BOT: RESCUE MISSION」「Moss」「THUMPER リズム・バイオレンスゲーム」「Paper Beast」の9タイトルで、主にインディーの名作やPSVR対応タイトルが中心のラインアップ。「風ノ旅ビト」のクリエイターが手掛けた「ABZU」や、海洋探索アドベンチャーの名作「Subnautica」などの人気タイトルに混ざって、“狂気のパズルゲーム”として一部で有名な「The Witness」(関連記事)をさらっと混ぜてくるあたりに、タイトル選定担当者の「パズルから逃がさない」という圧を感じなくもありません。これら9本は3月26日正午から4月23日正午までの期間限定配布。


Play At Home 海中版「風ノ旅ビト」とも呼べる「ABZU」

Play At Home ほとんどが海に覆われた星で過酷なサバイバルを繰り広げる「Subnautica」

Play At Home いろいろと危険な「The Witness」


 加えて、4月20日からは、全世界売上1000万本超を誇る「Horizon Zero Dawn」の完全版、「Horizon Zero Dawn Complete Edition」も無料配布。こちらはPS5用ソフトとして「Horizon Forbidden West(禁じられた西部)も発表されており、新作の前に前作をプレイしておくのもよさそうです。配布期間は4月20日正午から5月15日正午まで。


Play At Home 「Horizon Zero Dawn」に追加DLCを収録した「Horizon Zero Dawn Complete Edition」

 「Play At Home」イニシアチブは、2020年からSIEが行っている取り組みの1つで、第2弾タイトル「ラチェット&クランク THE GAME」は現在も無料配布中(4月1日正午まで)。2020年4月の第1弾では「アンチャーテッド コレクション」「風ノ旅ビト」が無料配布されていました。

 今回で第3弾となる同企画ですが、一度に10本というのはかつてないボリューム。全部購入すれば3万円近くになる計算なので、期間中に忘れずに受け取っておきましょう。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10