ニュース
» 2021年03月19日 22時00分 公開

猫のお見舞い? 風邪をひいた飼い主を手荒くいたわる猫たちを描いた漫画に思わず「ガンバレ」(1/2 ページ)

お見舞いに来てくれたんだよ……ね?

[かのん,ねとらぼ]

 飼い主さんが風邪をひいたときに猫ちゃんたちが見せた行動を描いた漫画が、コロネさんのInstagram(@t_korone)に投稿されています。 

 ノルウェージャンフォレストキャットの「みりん」くん(3歳、♂)、ラグドールの「ぽんず」ちゃん(2歳、♀)と暮らすコロネさんは、ある土曜日、発熱して寝込んでしまいました。

 土曜と日曜、自室で完全隔離で寝て過ごしたコロネさんに会えない猫ちゃんたちは、ドアの前で「入れて〜」と言うように鳴き声を上げていたそうです。「求められている、早く治さなきゃ」と布団の中で思うコロネさん。

猫 コロネさんに会いたい猫ちゃんたち

 月曜に顔を合わせたとき、みりんくんは「会いたかった」と寄ってきてくれたのですが、土曜からお風呂に入れなかったこともあってか、「くさっ、誰だおまえ近寄るなよ!」とでも言いたそうな顔で離れていくぽんずちゃん……。

 翌日、やっと湯船につかれたコロネさんでしたが、それでもぽんずくんは、なぜか寄ってきてくれません。「たった3日で私を忘れてしまったのか」とシュンとなってしまいますね……土日はあんなに会いたがって鳴いていたのに!

猫 ぽんずちゃん! コロネさんだよ!
猫 ぽんずちゃん! コロネさんなんだよう〜!

 その後、熱の原因は「細菌性腸炎」であったことが判明、高熱と腹痛に1週間ほど悩まされていた間、猫ちゃんたちはどうしていたかというと?

猫 寝込むこと1週間……
猫 みりんくんがお見舞いに!

 みりんくんがお見舞いにやってきて、寝ているコロネさんの上に乗り、ふみふみをしてくれます。

猫 お腹ふみふみ(お見舞い……?)

 ですが、それがお腹にジャストヒット! 腹痛を起こしている場所を踏まれて「悪魔かと思いました(コロネさん談)」……愛猫が悪魔に見えてしまうほどの仕打ちとなってしまいました……。

 ふみふみ回避のために横向きで寝たところにやってきたのは、ぽんずちゃん。

猫 ぽんずちゃんがお見舞いに!
猫 ゴロゴロどんどん!(お見舞い……?)

 お見舞いかな? と思いきや、ゴロゴロしてお腹にドンドンぶつかってくるという、“いつもはしない”甘え方をしてくるではありませんか!? こ、これは、嫌がらせ?

猫 気まぐれな2匹(激励……?)

 猫は弱っている人間を見ると、心配して近づくてくるという説がありますが、反対に“トドメをさそうとする野生の本能が目覚めることもある”とも言われています……まさか2匹は本能が目覚めてしまっていたのでしょうか……? 風邪をひいた苦しい中でも「2匹なりの激励!」と前向きに受け取るコロネさん、やさしさにあふれた猫飼いさんであることが伝わってきますね!

 現在はすっかり体調が回復したコロネさんのInstagram(@t_korone)には、モフモフな2にゃん&夫のゆーぞうさんとのほのぼのとした楽しい漫画や、2にゃんの見目麗しい写真や動画も投稿されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」