ニュース
» 2021年03月19日 17時50分 公開

改造でゲーミングPCに転生した10年前のThinkPadに感嘆の声 「もはや自分がノートPCだったことを忘れてそう」(1/2 ページ)

挑戦するほうもすごいし、改造に耐えるThinkPadの拡張性もすごい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 10年前のノートPCを大幅に改造して作ったゲーミングPCが、「もはやノートじゃない」と感嘆の声を呼んでいます。


改造ThinkPad ノートの液晶部分を廃棄して外部ディスプレイやグラフィックボードを追加し、最近のゲームが動くレベルにパワーアップ。動作中の「Valheim」は特別に重いゲームではありませんが、推奨スペックに5年前のミドルレンジデスクトップPC程度のハードルはあります

 作ったのはYouTuberのゆっくりでぃすこ(@yukkuri_discoYouTubeチャンネル)さん。ジャンク品のThinkPad(T420)から大胆にも液晶部分をもぎ取り、ディスプレイやグラフィックボード(グラボ)を外付けするなどして、新作ゲーム「Valheim」が動くレベルに仕上げました。こうなるともうノートPCというか、キーボード&タッチパッド一体型PC。

 ゆっくりでぃすこさんは製作過程を公開しており、送料込み2000円で購入したT420の開封時点から紹介しています。安すぎるだけあってそのジャンクっぷりはものすごく、天板が割れているうえに、大量の砂ぼこりが付着。ダメージは内部まで達しており、液晶画面は使い物になりませんでした。


改造ThinkPad 安いしメモリは刺さっているし、最低限パーツ取りはできそう

改造ThinkPad 屋外でラフに扱われていたらしく、外側からして尋常でなくボロボロ。傷が深いし、中までいってそう

改造ThinkPad 案の定、液晶画面は壊滅的な状態でした

 幸いメイン基板が生きている可能性は見えたので、修理&改造を実施することに。ノートPCとして生き返らせるか、液晶を捨ててデスクトップ化するか視聴者に問うたところ後者が選ばれました。

 メーカーのレノボがメンテナンスマニュアルを公開してくれていたこともあり、分解作業は無事に進行。基板を掃除しCPUのグリスを塗り直すなど入念に手を入れたかいあって、T420はWindows 10を起動できる状態までリカバリーできました。


改造ThinkPad T420はmSATAスロットを搭載。ここに同規格のSSDを積み、購入時点では廃棄されていた内蔵HDDの代わりに

改造ThinkPad 公式マニュアルを参考に、ディスプレイ部を排除

改造ThinkPad 自作派にはおなじみのセンターウンコ方式でグリスを塗り直し。中まで入り込んでいた砂ぼこりもエアダスターで掃除しています

改造ThinkPad 80年代マイコンチックなキーボード一体型PCに

改造ThinkPad BIOSの起動に成功し、Windows 10をインストール

改造ThinkPad しかしベンチマークをかけてみると、本来は動作周波数2.5GHzで動くはずのCPU(Core i5 2520M)が、0.8GHzしか出せないと判明

改造ThinkPad ジャンクゆえのバッテリー非搭載と、ACアダプターの電力不足が原因と判明し、それらを追加購入。本体以上の出費に

改造ThinkPad 電力まわりを確保した結果、T420本来のパフォーマンスが実現

 復旧だけに飽き足らず、「ゲーミング」レベルの性能を目指してさらに改造。CPUを2コアのCore i5 2520Mから4コアのCore i7 2670QMへ、メインメモリを元の2GB+4GBから8GB×2へ交換。ストレージもmSATA規格のSSDにしています。


改造ThinkPad CPUをi5から同世代のi7へランクアップ

改造ThinkPad CPUが基板にじか付けではなくソケット式だったため、比較的容易に換装できている

改造ThinkPad メモリも大幅に増量

改造ThinkPad 交換品をBIOSがしっかり認識

 CPU内蔵の描画能力ではゲーム用途にはパワー不足のため、グラボも外部接続。エクスプレスカードスロットをPCIe x1に変換できる機器を利用しました。ただ、これが困ったことに接続するグラボを選ぶ品で、相性の合うグラボの検討やら設定変更やら、3日間の試行錯誤を経てようやく正常動作にこぎ着けたといいます。


改造ThinkPad 用意した変換器

改造ThinkPad

改造ThinkPad マイニング需要で市場に在庫が乏しかったため、4世代ほど前のハイエンドグラボを使用。これを動かすために、デスクトップPC用電源ユニットも用意しています

改造ThinkPad 全てがうまくかみ合えば、描画性能が大幅にアップ。ただしデスクまわりはカオスに

 動作確認も成功し、廃棄寸前のThinkPadは、ゲームもこなせるデスクトップに再生されました。総費用は2万9755円(手持ちパーツなどの流用分は含まず)。ロマンあふれる改造に、Twitterでは「かっこいい」「マネしたい」「テセウスのノーパソ」など、多くの賛辞が寄せられています。


改造ThinkPad ベンチマークのスコアが大幅に向上

改造ThinkPad

改造ThinkPad Valheimのテストプレイの様子。グラフィックオプションを最高設定にした場合でも、フレームレートが30fps出るそうです

画像提供:ゆっくりでぃすこ(@yukkuri_discoYouTubeチャンネル)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響