ニュース
» 2021年03月26日 11時25分 公開

「900円なのにこんな肉厚でいいの……?」 ネットで話題のサイゼリヤ「ラムのランプステーキ」が感動するおいしさだった

塩とスパイスで食べるのおいしそう。

[真ゲマ,ねとらぼ]

 サイゼリヤで3月17日から販売中の新メニュー「ラムのランプステーキ」が、Twitterなどでおいしいと評判です。実は筆者、普段はゲームメディアで記事を書いているのですが、うわさを聞いて食べてみたところ、あまりのうまさに感動したため「この感動を少しでも多くの人々に伝えなければならない」という謎の使命感が沸き、急きょねとらぼ編集部にお願いしてこの記事を書かせてもらっています。

 そして筆者はジンギスカンをソウルフードとする生粋の道産子……。羊肉には人一倍強いこだわりがあります。そんな道産子をうならせた「ラムのランプステーキ」について熱く語らせてください!


サイゼリヤ ラムのランプステーキ グランドメニューとして新たに追加された「ラムのランプステーキ」(税込900円/公式サイトより)

ライター:真ゲマ

真ゲマ プロフィール

サイゼリヤの「ラムのランプステーキ」の魅力を伝えるために、ねとらぼに殴り込んできたゲームライター。復活してほしいサイゼリヤのメニューは「野菜ソースのグリルソーセージ」。あとセガの名作シミュレーションRPG「ドラゴンフォース」がかなり好き。

Twitter:@Shingema



「900円なのにこんな肉厚で……いいのか……?」

 2021年3月17日、羊肉のステーキがやってくる!

 その知らせを聞いた羊肉大好き人間の筆者は、ランチタイムに近所のサイゼリヤに直行。ラムのランプステーキとライスのほかに、イタリア風もつ煮込み、白ワインのデカンタ(250ml)、ガーデンサラダ(こっちも新メニュー!)を注文しました。せっかく新メニューも登場したことだし、ちょっと豪遊してやろうと思ったのです。いや、サイゼはステキな格安メニューばかりなので大した値段じゃないんですけどね。

 白ワインを嗜みつつ、早々にやってきたもつ煮込みとサラダをつまんでお目当てのものが焼き上がるのを待ちます。ステーキも良いですが、これらも絶品です……!


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

 こうしてワインで出来上がってきた筆者は肉を欲する肉体になっていました。

 そんな時、アイツが「主役は遅れてやってくるもんだぜ」といわんばかりにドンッと登場します。そう、お目当てのラムのランプステーキ!


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

 まず驚いたのが「こりゃあ……いい肉使ってんだろうな」ってのが伝わる香ばしさ。羊臭さが一切ありませんでした。ちなみに、ランプとは腰からお尻にかけての赤みが多く柔らかい部分で、牛より小柄な子羊のランプは結構希少なんだとか。っていうか……肉の厚みがすごいな!


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

 サイズこそはリブステーキより小さいですが、肉の厚さはラムのランプステーキの方が勝っています。メニューの説明通り、焼き加減はミディアムレア。もう食べる前から歯ごたえがあると分かりました。


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

羊なのに「ステーキらしさ」が存分に味わえる

 で、肝心の肉の味はというと、固すぎず柔らかすぎず、こってりしすぎずあっさりしすぎず……まさに絶妙なバランスで成り立っている、すばらしいステーキを食べていると実感しました。それにご飯が進む!

 普段、羊肉を食べない人には、そのクセのなさから「えっ、これ羊肉?」と感じるかもしれません。サイゼリヤにあるラムの串焼きのアロスティチーニは、羊肉らしさが味わえるメニューだと思うのですが、このラムのランプステーキは、王道の“ステーキらしさ”が味わえるメニューだと思いました。


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

 そんな良い肉を塩とスパイスをつけて食べることになるのですが……正直なところ、注文する前は「このステーキ、塩とスパイスだけで食べるのかぁ〜俺はガルムソースをどっぷりつけて食べたいんだけどなぁ……」と思っていました。しかし、この筆者の考えはあまりにも浅はかであると思い知らされるのです。

 そう、臭みのない良い肉を食べる時は、塩のほうがバツグンにいいんです。塩だけだと肉のおいしさが分かる! しかもこの塩、シチリア産海塩なんだとか。いい塩使ってますわ!

 スパイスの方は、前述のアロスティチーニでも使われている、クミンが効いた「やみつきスパイス」。シチリア産海塩で肉そのものの味を楽しんだら、次は肉のうま味を引き出すやみつきスパイスをつけて食べる……この二刀流は飽きがこないな……。


サイゼリヤ ラムのランプステーキ

このクオリティーで900円(税込)

 最後に忘れてはいけないのがラムのランプステーキの価格、このクオリティーで900円(税込)です。これがサイゼリヤの公式サイトでつづられている企業努力のたまものなんだな……!

 またステーキらしいステーキを食べたくなったら、ママチャリに乗って最高速度で近所のサイゼに直行しようと思います。待ってろよ。ラムのランプステーキ!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」