ニュース
» 2021年03月26日 15時00分 公開

愛情表現がとっても豊かなコザクラインコ 飼い主のナデナデにウットリした表情を浮かべる姿があいらしい(1/2 ページ)

とっても気持ちよさそう。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 飼い主さんにナデナデされてウットリした表情を浮かべるコザクラインコちゃんの様子がYouTubeで公開されています。

 黄色い体と赤い顔が鮮やかで美しいコザクラインコちゃん。飼い主さんの手に包まれ、優しくナデナデされて、とっても幸せそうです。

 「ラブバード」の呼称でも知られるインコは、パートナーと決めた相手に対する愛情表現がとっても豊か。犬が飼い主を“群れのリーダー”として慕うのに対し、インコは飼い主を“恋人”として慕うという話もあります。

 その様子から英語の「lovebird」は「仲のいい恋人」という意味もあるほど。日本語では「おしどり夫婦」という言葉がありますが、実は本来のオシドリの夫婦は関係を長く続けることはないそうです。

コザクラインコ 恋人とのイチャラブタイム

 もしかしたら「インコ夫婦」の方が正しい表現なのかもしれません。ちなみに、韓国語では仲のいい夫婦を「インコ夫婦」と表現します。

 そんな背景を知ったうえで、このコザクラインコちゃんのウットリした表情を見ると、愛らしさもひとしお。恋人にナデナデされて「あ〜、しあわせ〜」と言っているかのようです。

 目を細めたり頭の角度を変えたりして、存分に至福の時を楽しんでいます。飼い主さんを見つめる真っ黒でつぶらな瞳もたまりません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10