ニュース
» 2021年03月29日 21時05分 公開

国交省が東京23区の3Dモデルを無料配布 「東京が舞台のゲームやVRが作れる」「卒制でお世話になる人いそう」

データの無償公開によりさまざまな分野での利用が促進されそうです。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 国土交通省は3月26日、現実の都市をサイバー空間に再現する3D都市モデルのオープンデータ化事業「Project PLATEAU(プラトー)」にて、全国56都市の3D都市モデルの整備を完了したと発表しました。これに伴い公式Webサイトをリリース、東京都23区の3D都市モデルのオープンデータを公開しました


「Project PLATEAU(プラトー)」 (画像は公式サイトより引用)

 3D都市モデルとは、その名の通り実世界の都市空間をデジタル上で再現した情報プラットフォームです。これまで各省庁や地方自治体に分散していた建物の情報や人口流動、環境やエネルギーのデータなどを、3次元化した地形データと統合することで、都市計画立案の高度化や都市活動のシミュレーションなどが可能になるとしています。

 国土交通省は併せて一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会と技術協力の協定を締結し、同協議会が運用する「G空間情報センター」にて3D都市モデルのオープンデータを公開しました。これにより、個人、企業、公共機関などがデータを利用してさまざまな取り組みに活用できるようになります。なお、現在公開されているオープンデータは東京都23区のみですが、2021年4月中に全国56都市の3D都市モデルのデータを順次オープン化する予定です。

 これに対してTwitter上では「業務用はもちろん、東京を舞台にした3DゲームやVRアプリだって作れる。今後50以上の都市に拡大予定。これは未来が始まったかも!」「これは利用価値ありそう。無償公開というのがすごい」「来年度の卒制でいっぱいお世話になる人いそう」といった声も寄せられています。


「Project PLATEAU(プラトー)」 (画像は公式サイトより引用)

 同プロジェクトでは、「データはソリューションとして活用してこそ価値を持つ」として、地方公共団体、民間企業、大学・研究機関の橋渡しを行い、実際に3D都市モデルがどのように社会にインパクトをもたらすのか、実証実験を実施。「都市活動モニタリング」「防災」「まちづくり」の3つの社会問題解決と、3D都市モデルを活用した民間市場「新サービス」のカテゴリーを設定し、26件の実証実験結果を公式Webサイトに公開しています。

 例えば、三越伊勢丹ホールディングスによる“バーチャル都市空間における「まちあるき・購買体験」”では被験者にアバターを用意し、バーチャルな新宿周辺を周遊、接客型ECなどを体験してもらい、そこから得られた結果を公表しています。実験結果だけでも、読むと止まらなくなりそう……!

 「Project PLATEAU」はさらなる取り組みの深化を図り、2021年度からVer2.0にアップデート予定。今後はスマートシティーをはじめとするまちづくりのDX基盤になるべく、自動運転やロボット運送の分野や、街路空間・景観・標識の綿密な整備手法の確立などに取り組んでいくとしています。


「Project PLATEAU(プラトー)」 (画像はプレスリリースより引用)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」