ニュース
» 2021年04月02日 19時30分 公開

「ウマ娘」ダイワスカーレットでURAファイナルズ初うまぴょいしたけど全然ハマってない、ハマってないですよ?マシーナリーともコラム

本当にハマってない?

[マシーナリーとも子,ねとらぼ]

 バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第32回(連載一覧)。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの「ウマ娘」、マシーナリーとも子も例にもれず遊んでいたようですが……本当にハマってない?



ウマ娘 因子継承という概念がなかった

ライター:マシーナリーとも子

マシーナリーとも子プロフィール

徳で動くバーチャルYouTuber(サイボーグ)。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の池袋晶葉ちゃんのファンやプロデューサーを増やして投票してもらうために2018年4月に活動開始。前世はプラモ雑誌の編集をしていたとも言われているが定かではない。現在は自分のグッズを売ったりライターやったりして糊口をしのいでいる。お仕事募集中。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/barzam154
wiki:https://wikiwiki.jp/mashitomo/
ポータルサイト:https://www.machinery-tomoko.com/



ウマ娘? ハマってないですよ

 なんか……はやってますね。「ウマ娘 プリティダービー」。ウマ娘、ウマ娘ね。マシーナリーとも子もご多分に漏れずやってますよ。


ウマ娘 ほらまだD2だし全然ハマってないですよ

 いやでもそんなにハマってはいないんですよ。アニメも見てたわけじゃないし……あと競馬も1回しかやったことなくて知識皆無だし……。

 あとウマ娘のサービス開始って2月24日じゃない? 私始めたのそれから1カ月近くたった3月20日なんだよね。始めた理由もなんかちょうど「アークナイツ」がイベントのはざまでログイン意欲が失せてたときに「あ、なんか時間あるから周りで評判のウマ娘に触ってみるのもいい経験かもな」って思ったくらいで、なんかそんなにガツガツしてたわけじゃないんだよね。ちょっとやってみようかなと思ったくらいで。だから全然ハマってないんだよね。


最初のウマ娘


ウマ娘 頭の情報量がすごいウマ娘、ダイワスカーレット(描くのが難しい)

 初めての育成ウマ娘に選んだのはダイワスカーレットだった。なんかさ、特にこの子の外見がすごい好みだなって思ったわけではなかったんだよね。ただこの手のゲームって基本的な遊び方を教えてくれるチュートリアルがあるじゃない?

 そのチュートリアルでさ、試しに育てさせてもらえるウマ娘がダイワスカーレットなのね。トレーニングして、レース出て、ライブ見て、育成が終わるのね。それで「じゃあ後は君自身の手で頑張ってくれ!」って放り出されるわけ。

 えっ? そういう?

 私はいいよ、私は。でも数週間で育成放り出されたダイワスカーレットちゃんはどうなっちゃうんだよ。お前ら……それでいいのか? 大事な生徒に対してそんな……ゲームを始めたばかりのぺーぺーのトレーナーの練習に使わせて終わりって……ちょっと薄情じゃないのかい? あたしゃ放っておけないよ。そう思ったら最初のウマ娘にダイワスカーレットを選ばないわけにはいかなかった。別にこのゲームにハマったわけじゃないが……お前さんの面倒は私が見てやるよ、スカ。


ウマ娘

 既にいろんなところで言われてるので今更なんだけどこのゲーム、女の子たちの表情がすばらしい。ふだんはニコニコキャピキャピしてるかわいい女の子たちが、レース終盤では鬼気迫る表情になるのはなるほど胸にくるものがある。

 でもね、私が「すげーな」って思ったのは負けたときの表情なんだよ。


ウマ娘 激負けしたときのスカ。ふにゃふにゃ。本人には申し訳ないけどちょっとかわいい

 ダイワスカーレットがかなり負けたとき、まあ分かりやすくガッカリする。そうだよな。残念だよな。だがこれはまだいい。これはまだ耐えられる。問題はわずかな差で負けたときだ。

 2位でゴールインしたときのこの顔を見てくれ……。


ウマ娘 小差で負けたときのスカ。ボロ負けしたときよりも辛そうに見えるのは私の気のせいだろうか

 過剰には落ち込まない、頭を軽く垂らし、キュッと口を結ぶダイワスカーレットの顔を見たとき、胸の真ん中に氷を刺されたような感覚が走った。この感覚はなんだ? そうだ、私はこの表情に覚えがある……。私はこの表情をしたことが恐らく過去にある。この表情は悲しかったり苦しかったりというだけの顔ではない、もっと悔しさ、ふがいなさ、納得のいかなさといったそういう、複雑な感情がないまぜになり、それでも涙を流すわけにはいかないと耐えているときの顔だ……。そうか、私はその、他の奴らに悟られるわけにはいかないという今のスカの気持ちに心当たりがあるからこんなに胸がヒヤッとするのか……。

 レースから戻ってきたスカはいつも通り気丈に振る舞っていた。だがこいつは今夜枕を濡らすのだろう。お前さんに義理はそんなにないしウマ娘のゲームにも別にハマってないが……思春期の女の子にそんな思いはさせたくない。私にできるのは彼女に適切なトレーニングをさせることだけだな……。ウマ娘の生き生きとした表情コントロールには、殺人サイボーグにそう思わせるだけの力があった。


ウマ娘とともに意地を張る


ウマ娘 育成のコツも分からずそもそも因子もクソもない1周目、ボロ負け。悲しかった

 だが現実は厳しい。ダイワスカーレットとの日々はオークス入賞ならずで終わった。3位にすら入れず、脇を固めるポジションとなったウイニングライブはその華やかさとは裏腹に苦いものを私の胸に残した。

 意外に思ったのはいわゆる「バッドエンド」的なものがなく、ゲームから「今回は残念でしたね」といわれるだけで育成が終了してしまったことだった。私は納得がいかなかった。私のふがいない育成について、スカに罵ってほしかった。まあ、ヤツはああ見えて優しい女の子だから仮にこっちから「ふがいない私をなじってくれ」と頼んだとしても「バカ!」とその行為に対してやめるよう言うだけだろう。それでも……最後にひとことあいさつさせて欲しかった。

 だがそれもシステム上叶わぬこと……仕方ない。私は導かれるままに育成完了のボタンをタップした。


ウマ娘 夢破れたあとになぜかお礼を口にするダイワスカーレット。私にその資格は無いんだが?

 するとダイワスカーレットは私に向かって手を振り、こう言うのだ。「ありがとう」と。

 やめろ、罵るならいざ知らずお礼なんか言うんじゃねえ。私はお前をEプラスにしかできなかったふがいないトレーナーなんだぞ……。お前は私を憎むべきなのに、なにガラにもなくありがとうなんか言ってんだよ……。


 分かった、分かったよスカ。私はこのゲームには全然ハマっちゃいないがとことん付き合ってやろうじゃないか。お前の一番にな。

 それから私たちは走った。しゃにむに走った。

 何度も愚直にダイワスカーレット育成を繰り返した。

 育成はYouTube配信をしながら行っていたので都度都度視聴者からアドバイスをもらうことができた。

 だがその中には……「ウマ娘」をやっていれば当然だがこんな意見が頻出していた。

 「他のウマ娘を育てていい因子を持ってきた方がいい」


ウマ娘

 ウマ娘はさまざまなウマ娘を育て、彼女らの能力の片りんである「因子」を次のウマ娘に渡し、魂をつないでいく継承のゲームだ。強い因子があればそれだけ能力が伸び、強力なスキルが手に入り、強いウマ娘を仕上げることができる。

 そして各ウマ娘にはユニークなスキルや、強力な因子を生み出す固有の特性というものがある。だからさまざまなウマ娘を育てることが好きなウマ娘を強くすることにつながるゲームシステムになっているんだ。

 だが……私は意地になって他のウマ娘を育てようとはしなかった。

 出会いを考えれば当然のことだ。私はこの娘をチュートリアルでだけ触れて、別れることを選ぶことができなかった。半端な状態にこいつを置いておきたくなかったんだ。だからまずは……まずはスカーレットだけと戦い、勝ちたい。たとえ非効率でもだ。

 そして6回目の育成でついにたどり着いたファイナルステージ、URAファイナルズ決勝。ここまで苦労したがなんとか最後の戦いの舞台まで連れてくることができた。視聴者によれば最大の難関は準決勝になりがちだという。あとはお前の舞台だ。思いっきり走って……センターをもぎ取ってこい!

 ミホノブルボンとサイレンススズカ、強力な逃げウマ2人をと戦闘を争うダイワスカーレット。この調子で2着をキープできてるのはいい! いいぞ! 過去何度も煮え湯を飲まされたスズカを抑えられてるのもえらい!

 そして最終コーナーを越え、ラストの直線。ここでミホノブルボンから1位をもぎ取り、同時に先頭にいるときに速度を維持する固有スキル、「レッドエース」とラストで速度が伸びる「末脚」が同時に発動する。勝てる。ラスト近くでこのスキル発動は勝ちパターンだ。ついに見られる。見られるんだ。ダイワスカーレットのうまぴょい(※)を……!

※編注:イメージソング「うまぴょい伝説」。URAファイナルズに勝つと聞くことができる

 勝利をほぼ確信した私の目に飛び込んできたのは信じられない光景だった。


ウマ娘


 ウオッカ!!!!! おい!!!!!!!

 過去何度も立ちふさがってきたダイワスカーレット最大のライバル、ウオッカがここにきて猛然な差しを見せた。私たちはまたしても敗れた。


君の愛バが

 なぜだ? なぜ勝てない?

 私たちになくてウオッカにあるものはなんだ?

 次の日、私は悩み、目を閉じ、あぐらをかいて深い瞑想に入った。ここまで、やるだけはやっている。かなり育成も改善できている。トライアンドエラーを繰り返し、今できる最適解の育成ができたと自負している。だが……ウオッカに勝てなかった。奴を離しきれなかった。

 いま、ダイワスカーレットに足りないものはなんなんだ……。

 解答にたどり着き、私はカッと目を見開いた。

 ダイワスカーレットに足りないもの……勝負服か(※)。

※編注:ウマ娘たちはアイテムを集めて「才能開花」させることでレア度が上がり、ウマ娘によっては専用のコスチュームが手に入る


ウマ娘 具体的には女神像集めにぴったり1万円かかりました


 そして迎える7回目の育成……ダイワスカーレットは……勝った。URAファイナルズ決勝で圧倒的走りを見せ、薔薇の花のように美しく勝った。


ウマ娘

ウマ娘

 そしてウイニングライブが始まった。


ウマ娘

 なぜだろう、なぜ、こんなよく分からん歌がこんなにも胸を打つのだろうか。正直に言おう、私はうまぴょい伝説のライブで言葉を失ってしまった。「かっこいいね」とか「かわいいね」とか「すごいね」とか言えなくなってしまった

 頭の中にはただ、ウマ娘を始めた日から今日までのダイワスカーレットとの日々が、走マ灯のように駆け抜けていくだけだった。


あの日キミに感じた何かを信じて

 それから数日……。私は普通にウマ娘を遊んでいた。サクラバクシンオーハルウララを育て、因子を得て、さらに強いウマ娘を育てる……。あらためてダイワスカーレット育成のことを思い出すとなんて非効率的なことをしていたんだろうと笑えてくるほどに効率よくウマ娘を育て、彼女らのうまぴょい伝説を見届けた。

 だがなんというか……やはり敵わないんだな、最初のうまぴょいを見たときの衝撃にはよ。あの体験は、きっと一度しかできないのだろう。そんな体験が全ウマ娘プレイヤーにはそれぞれあるのだろう。だがまぁ……私は取りあえず最初のうまぴょいを、ダイワスカーレットと意地を通して見ることができたことに誇りを覚えている。楽しかったぜ、お前とのレースはよ……。ウマ娘にはハマってないけどな! ホントだぜ。ふつうのスマホゲームとして接してるさ。

 ところで各ウマ娘に個別のストーリーがあるのを忘れてたよ。育成ばっかりしてたからな。どうやら出会いの物語が書かれてるらしいからダイワスカーレットのストーリーを読んでみるか。どれどれ……。


ウマ娘 弱さをさらけ出すダイワスカーレットを見てなぜか私はほくそ笑み、支えることを強く決心したのだった

 ……なるほどな。ダイワスカーレット、お前は1番に憧れるあまり、強がっていたんだな。本当は必ずしも自分が1番ではないと内心で思っていながら……そう言い張ることしかできなかった。プライドが許さなかったわけだ。そうでない自分を認めることができなかったんだな。

 いや、別にそのことにどうこう言うつもりはないよ。それは長所になり得ると思うよ。ん? なに笑ってるんだって? いや、いや、すまん。バカにする意図はもちろんない。むしろ私はお前さんをいますごく尊敬してるんだよ。私にそういう思考はなかなかできないからな。ただ……ただなんで、私がお前の話を聞いて、泣きも怒りもせずに笑ってるのかと言うとな、お前が私の尊敬する女の子にそっくりだからさ。お前とは見た目も性格も生き方もまるで違うが……根っこはすごく似てる。憧れのために自分を曲げることを知らない、強い女の子だ。


ウマ娘ウマ娘 お前みたいにかっこいい女、ほかにも知ってるよ……私はな

 いや、ようやく自分で合点がいったよ。なんでお前さんのことをほっとけないのかよ……。私はどうしてもこうなる星の下に生まれたらしいな。お前さえよければ、もうちょっとこれからも世話させてくれよダイワスカーレット。ウマ娘にはハマってねーけどな。

 まあそんなわけで……非常によくできたいいゲームですよ。「ウマ娘 プリティダービー」はね。新しい、気が合う相棒とも出会えたしね。

 これだけ遊んでるけど実はまだアニメが未視聴なんだよ。でもまあ逆にこれから楽しめるってことでもあるのでゆっくり作業用BGVにでもして楽しもうと思うよ。競馬もまた試しにやってみたりもするかもな……。変わったところで面白かった変化としては、これまで単なる面白い漫画としか思ってなかった『銀と金』『スティール・ボール・ラン』について、多少馬のことが分かったことで物語の見え方がかなり変わった。生活にバフがかかるってのはいつも楽しいもんだぜ。オススメです。

 とはいえくれぐれもハマってない、ハマってないですよ? ウマ娘関係のお仕事いろいろしてみたいなとは思ってはいるけどハマってないぜ。本当だぜ? じゃあそろそろこの原稿については筆を置いて、ダイワスカーレットの育成に戻らせてもらう。まだまだ強い因子を作らなきゃいけないんでね。それじゃあな。


ウマ娘 こんなものまで買ってしまったけどハマってないです…………いやッッッッウソですハマってます助けてくれめちゃめちゃ面白いウマ娘の仕事くださいお願いしますご連絡はGmailまでよろしくおねがいします

おまけ:土日(4月3日と4日)に一挙放送やるので見に来てね



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」