ニュース
» 2021年04月03日 20時00分 公開

2歳の息子が「こわい」と思っているあるものって? 家族の会話を描いた漫画のまさかのオチにクスッとする(1/2 ページ)

大人でも怖いと思っている人、たくさんいそう。

[ねとらぼ]

 家族で旅行の話をしていた時にわかった、子どもの意外な「怖いもの」を描いた漫画のオチに笑ってしまいます。

子どもの怖いもの

 漫画の作者はあきばさやかさん(sayaka.akiba)。

 ある日の食卓でのこと。コロナ禍でなかなか家から出られない中で、話題は「旅行に行きたい」という夢の話に。息子のおっくんはもうすぐ3歳を迎えるため、飛行機の無料期間も終わってしまいます。ああ……コロナのバカ……。

子どもの怖いもの
子どもの怖いもの
子どもの怖いもの
子どもの怖いもの

 そんな中、さやかさんは「おっくんが新婚旅行とかするころには、宇宙旅行とかできるかもね〜」と未来の旅行プランを想像します。すると、それを聞いたおっくんは「うちゅうこわいんだよぉぉ」と泣き始めてしまいました。

 初めて知る「息子のこわいもの」。さやかさんは「そうだったんだ、ごめんごめん」と謝ったものの、おっくんのあまりの怖がりかたを見ているうちに、すこし面白くなってきてしまいます。

子どもの怖いもの
子どもの怖いもの

 「じゃあ新婚旅行どこいく〜?」とおっくんに聞いてみたさやかさん。すると、おっくんは「うち」と即答。このまさかの答えに、大人になったおっくんと未来のパートナーがバカンススタイルで自宅にやってくるシーンを思い浮かべるさやかさんなのでした。

 ちなみに、おっくんがなぜ宇宙が怖いのかは「今のところ謎」とのこと。おっくんにとっては、怖いと思っている「宇宙」の対極にあるのが、安心できる「実家」なんですね。

 この漫画には、「おうちが1番 お父さんお母さんが1番なのね」「最後が面白すぎてふふってなりました おっくん可愛い」といった感想が寄せられています。

 あきばさんは、2歳の息子おっくんと夫との日常を描いた漫画をInstagramやブログで公開中。「マンガでわかる Excel」や「おしゃれなママっていわれたい!」などの単行本も発売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10