ニュース
» 2021年04月03日 19時00分 公開

【漫画】兄は医学生、妹は家出少女 5年ぶりに再会した双子が交わす言葉が「家族」について考えさせる(1/2 ページ)

自分はユキとハル、どちらのに近いかな……。

[さあにん,ねとらぼ]

 親の期待に応えるために医大に通っていたら、家出した双子の妹が現れた――。かくたすずさん(@cactuses_manga)がTwitterで公開した漫画「絵に描いた春」が、ついつい「物語に入り込んでしまう」と反響を呼んでいます。心に染みるストーリーで、思わず一気に読んでしまう作品です。


ユキとハル


 医大生であるユキは、勉学への意欲を失い気味。もう1週間ほど大学に通っていません。「なにか面白いことないかなー」と妄想にふけるユキにぶつかってきたのは、家出していた双子の妹のハル。


ユキとハル

 2人の両親は、子供に自分たちの理想をねだり、世間体を気にする、いわゆる「教育虐待」に近い存在。最初は両親の理想に近づこうとする2人でしたが、ハルの方は次第に興味をなくし、理想から遠ざかる行動を取るようになります。


ユキとハル

 一方で、おとなしく従ったままだった兄のユキも、実は両親への不満をつのらせていました。無理に塾に通わせられ、わずかな距離も車で送り迎え。好きだった絵も「勉強の邪魔」とやめさせられてしまいました。そして雪が降るある日、ハルは家を出ていったのです。


ユキとハル

 久しぶりに再会し、大学から少し離れた喫茶店で会話する2人。ちょっとした隙に、ユキのスマホを奪うハル。実は二人の会話の裏では、ちょっとした事件が同時進行しており……。

 兄のスマホを手に入れたハルはその後、結局どうしたのか。その行動と結果が、離れていても近く、近くても離れている、兄妹2人の関係と、両親との関係を、読んでいるこちらの心へ静かに伝えてくるのです。


ユキとハル

 わずかばかりの時間を過ごし、また別々の時間へと戻っていくユキとハル。この先、また、2人の時間が交わることがあるかも……いえ、ないかもしれません。ドラマの初回のような2人のエピソードは、そんな想像をさせる余韻を残してくれる物語。

 果たして、どんなことが2人に起こったのかは、作品を読んで、その余韻をあなたも感じ取ってください。


ユキとハル

 作者のかくたたずさんは、Twitterで毎週金曜日の20時に漫画作品を投稿中。発表済みの作品はnoteでもまとめて読むことができます。


※作品提供:かくたすずさん



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響