ニュース
» 2021年04月05日 19時00分 公開

両親は実の親ではないのでは……? 思春期の悩み描く漫画「両親のかくしごと」のオチが壮大な斜め上(1/2 ページ)

思春期あるある……あるある?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 私の両親は本当の親じゃないかもしれない――。思春期の少女の悩みで始まる漫画「両親のかくしごと」が、アクロバティックな結末で人気です。


アイキャッチ1 両親が隠していた真実とは?

 両親が何か隠していないかと、疑念に駆られる主人公。海外旅行に連れていってもらえないのも、パスポートを作られると困るからだろうと疑います。実の親でないとしたら、手続きの過程で戸籍からバレますしね。


アイキャッチ2

 友人に相談しても、「自分は拾われた子だと考える思春期あるある」と笑い話で処理され、釈然としないまま帰宅すると、何やら両親がおかしな様子。「もう限界よ……」「それより友達の設定が……」「そろそろ真実を話しましょうよ」などと、意味深長な会話をしています。


アイキャッチ3

 主人公に踏み込まれて観念した両親が明かした真実は、読者に「展開が急すぎる……だけど好き」「“斜め上”のスケールがすごい」「学生時代、似た妄想を何度もした」と好評を博しました。その結末はぜひ漫画本編で確かめてみてください。

 同作はon(@9999_on)さんが、個人運営の漫画メディア「comic gift(@comic_gift_web)」に寄稿した作品。同メディアはTwitter上で展開されており、毎週水曜20時に新作がツイートとして投稿されます。


作品提供:on(@9999_on)さん/comic gift(@comic_gift_web



※価格は記事掲載時点のものとなっています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10