ニュース
» 2021年04月08日 19時15分 公開

恐竜×神父×ニンジャ カッコイイ要素をバカ正直に掛け算した映画「必殺!恐竜神父」にアーメンダブツ!(2/3 ページ)

[サメ映画ルーキー,ねとらぼ]

 「必殺!恐竜神父」は俗に言う“So Bad It’s Good”(酷すぎて逆に面白い)という哲学を真剣に考え抜いた「意図的に」ダメな映画であり、郷愁を誘いつつ「ダメ映画」そのものを監督の抜群のセンスでパロディー化したコメディー作品なのだ。

 そこがどう見てもアメリカだろうと字幕で「中国」と表示してしまえばそこは中国だし、往年の“ニンジャ”映画に見られたデタラメ忍者が殺陣を披露し、着ぐるみの恐竜が暴れ回る……多少なりとも1980〜1990年代にVHSで乱造されたアヤシゲな映画やアメリカン忍者映画に親しみを覚える人なら愛おしくて堪らないシーンの連発である。


 「必殺!恐竜神父」は低予算作品とはいえ(だからこそ)、監督たちの熱すぎる情熱がこもっている。若き鬼才ブレンダン・スティアー監督にとっては今作が初めての長編となるが、アイデアは偶然やってきたらしい。メールで“Velociraptor(ヴェロキラプトル)”と打とうとしたところ、誤って“VelociPastor(ヴェロキラプトル+Pastor:牧師)”と打ってしまった。この語感に衝撃を受けた彼は、いっそ映画にしてしまおうと立ち上がったのだ。

 当時の彼は映画学校に通う学生であり、自ら製作した映像をYouTubeにアップしても全く再生数が伸びずに悩んでいた。しかし“The VelociPastor”のフェイク予告編をアップしたところ再生数が1000倍に増えた(45回再生→4万5000回再生)ことが製作の決め手となったそうだ。

 その後2回のクラウドファンディングの失敗を経て、母親の友人から個人的な融資を得て製作にこぎ着けたのである。主要な登場人物の1人であるステュワート神父は監督の実の父親だし、恐竜の着ぐるみは監督が高校時代に映像製作の為に外注したものだ。こうした裏事情も何とも愛らしいと思わないだろうか。


 昨今のレンタル市場の縮小により、街のレンタル屋にあった誰が見るかも分からないような洋画の配給が極端に減ってきているのは周知の事実だ。いまあなたが大手のレンタル店を訪れたとしても、そこに広がっているのは奇妙なまでに整い画一化された空間でしかない。あの妙なタイトルやジャケットの作品に出会える可能性は限りなく低い。事実、「必殺!恐竜神父」も大手レンタル店に並ぶことはほぼ無いだろう。

 答えは単純、売れないからである。だがそうした事を分かった上で、レンタル市場を捨ててでも配給に踏み切ってくれたコンマビジョンの漢気をどうか理解して欲しい。そしてDVDを買うか、各種配信サービスでレンタルをして欲しい。豪華なキャストと美麗なCG、そして派手なアクションでできた「良い」映画だけではダメなのだ。多様性こそ映画の本懐なのだから。

サメ映画ルーキー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」