ニュース
» 2021年04月08日 20時00分 公開

死体と手をつないで家に帰る“呪術師”の漫画が切ない 「ただいま」の意味を考えさせる話に感動の声(1/2 ページ)

死者の「帰りたい」と家族の「帰ってきてほしい」をつなぐ呪術者“おくり人”を描いたお話。

[Tomo,ねとらぼ]

 呪術を使って死者を家に送り届ける仕事を描く漫画「さあ、一緒に帰りましょう」が、心揺さぶる内容で好評を博しています。

呪術で死者を動かして連れ帰る呪術者のお話

 死体を家へと連れ帰り、遺族とともに悔やむ「おくり人」。サンはおくり人でありながら、「死体が家に帰りたいと思うわけがない」と自身の仕事に否定的な姿勢。敬意を欠く仕事ぶりをとがめられ、師のもとを飛び出してしまいます。

師に反発するサン

 あてもなく過ごすうちに、死んだ子どもを家に送り届けることになったサン。呪術をかけられた死体は、家へ向かって歩き出します。術が解けないように手をつなぎ、家まで支えて歩いて行くのがおくり人の仕事。ならい通り、サンは子どもと手をつないで、子どもが進むままに家へと向かって歩いて行きます。

 家族は生きて帰ってほしいに決まってる。死体になって帰ってきても悲しいから、帰らない方が――サン自身、家族がおくり人とともに帰ってきたことがあり、そのときの悲しみからそう考えていました。しかし、子どもを送り届けるうちに彼の考えは変わっていきます。

「生きて帰ってきてほしい」のだから死体が帰っても――と思っていたサンですが……

 死んだあとも残る「帰りたい」という気持ち。「帰ってきてほしい」という家族の気持ち。それを結びつける「おくり人」。静かに描かれる悲しくも優しい世界が心に染み入り、繊細に描かれたサンの心の変化に涙を誘われます。読者からも「涙が止まらなかった」「心に来る」といった声が寄せられています。

 作者はおあー(@oioi_usodaro)さん。「さあ、一緒に帰りましょう」は「マガジンデビュー」コンペ第9回の受賞作で、マガジンポケットでも掲載されています。

作品提供:おあー(@oioi_usodaro)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  5. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  9. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする
  10. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10