ニュース
» 2021年04月08日 20時00分 公開

死体と手をつないで家に帰る“呪術師”の漫画が切ない 「ただいま」の意味を考えさせる話に感動の声(1/2 ページ)

死者の「帰りたい」と家族の「帰ってきてほしい」をつなぐ呪術者“おくり人”を描いたお話。

[Tomo,ねとらぼ]

 呪術を使って死者を家に送り届ける仕事を描く漫画「さあ、一緒に帰りましょう」が、心揺さぶる内容で好評を博しています。

呪術で死者を動かして連れ帰る呪術者のお話

 死体を家へと連れ帰り、遺族とともに悔やむ「おくり人」。サンはおくり人でありながら、「死体が家に帰りたいと思うわけがない」と自身の仕事に否定的な姿勢。敬意を欠く仕事ぶりをとがめられ、師のもとを飛び出してしまいます。

師に反発するサン

 あてもなく過ごすうちに、死んだ子どもを家に送り届けることになったサン。呪術をかけられた死体は、家へ向かって歩き出します。術が解けないように手をつなぎ、家まで支えて歩いて行くのがおくり人の仕事。ならい通り、サンは子どもと手をつないで、子どもが進むままに家へと向かって歩いて行きます。

 家族は生きて帰ってほしいに決まってる。死体になって帰ってきても悲しいから、帰らない方が――サン自身、家族がおくり人とともに帰ってきたことがあり、そのときの悲しみからそう考えていました。しかし、子どもを送り届けるうちに彼の考えは変わっていきます。

「生きて帰ってきてほしい」のだから死体が帰っても――と思っていたサンですが……

 死んだあとも残る「帰りたい」という気持ち。「帰ってきてほしい」という家族の気持ち。それを結びつける「おくり人」。静かに描かれる悲しくも優しい世界が心に染み入り、繊細に描かれたサンの心の変化に涙を誘われます。読者からも「涙が止まらなかった」「心に来る」といった声が寄せられています。

 作者はおあー(@oioi_usodaro)さん。「さあ、一緒に帰りましょう」は「マガジンデビュー」コンペ第9回の受賞作で、マガジンポケットでも掲載されています。

作品提供:おあー(@oioi_usodaro)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい