ニュース
» 2021年04月09日 20時17分 公開

ホビーメーカー「押すだけでフタができる塗料ボトルができました!」→「フィルムケースじゃねーか!」とツッコミ殺到 懐かしすぎてトレンドに(1/2 ページ)

フィルムケースと同様、昆虫の観察やピルケースなど、いろいろな用途に使えそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新発売の「押すだけフタ 塗料ボトル」が、新製品なのに既視感が半端ないです。というかこれ、最近めっきり見なくなったカメラのフィルムケースじゃない?



フィルムケース? どう見てもフィルムケースな塗料ボトル(容量28ミリリットル)。8本入りで495円

フィルムケース? 容量48ミリリットルの大サイズは6本入りで、こちらも495円

フィルムケース? 押し込むだけのフタもフィルムケースと同じ方式

フィルムケース? 溶剤に強い軟質プラ製で、調色した塗料の保管に便利。管理用のシールも付属

フィルムケース? かくはん用のステンレスボール付き

 ホビーメーカーのウェーブが4月に発売した、溶剤に強い軟質プラ素材(ボトルがPP、フタがPE)製ボトル。管理用のインデックスシールも付属しており、混ぜた塗料の保管に便利です。容量が28ミリリットルの小サイズ(8本入り)と48ミリリットルの大サイズ(6本入り)があり、価格はいずれも495円。


フィルムケース? 細かいパーツの管理にも有用

 細かいパーツの保管にも良さそうなこのボトル、地味に役立つ画期的な新商品ではあるのですが、名前にも冠されている「押すだけフタ」のせいでフィルムケースにしか見えません。公式Twitterが紹介したところ、商品のセールスポイントよりもむしろ、銀塩カメラ時代を知るユーザーからの「フィルムケースじゃねえか!」といったツッコミで盛り上がる事態となってしまいました。

 リプライには「キャンプに調味料を持っていくとき便利」「ドライアイスを入れてロケットに」「穴を開けてアゲハの幼虫の飼育に」など、フィルムケースにまつわる思い出も多数。似ているだけに、このボトルも幅広い使い方ができそうです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.