ニュース
» 2021年04月13日 19時30分 公開

開き直ったカップルが見せる“ループもの”の新たな地平 映画「パーム・スプリングス」レビュー(1/3 ページ)

コロナ禍の今だから余計に響くループもの。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 4月9日より映画「パーム・スプリングス」が公開されている。公式サイトなどのビジュアルから「おしゃれでかわいい映画なんだろうな」と思っている方がいるかもしれないが、実際は「簡単には良い話にはしないぞ!」な皮肉と毒っ気あふれる、風変わりなループものだ。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった 「おしゃれでかわいい映画」なオーラも漂うビジュアル/(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 ループものでは、主人公が同じ日(時間)を幾度となく繰り返しつつも、なんとかして解決策を探り、ループからの脱出と共に人生における学びを得るのがお決まりだ。この「パーム・スプリングス」でもそのツボを押さえているが、「ループに巻き込まれるのがカップル」であり、「めちゃくちゃな行動を繰り返しつつも最後はハートウォーミング」という風変わりな展開が魅力となっている。

 米Rotten Tomatoesで95%の支持率を得ている本作には、コロナ禍で閉塞感を覚える今だからこそ、ループもので得られる学びと感動がつまっていた。ネタバレにならない範囲で、さらなる魅力を記していこう。

「パーム・スプリングス」予告編

1:ループに巻き込まれるのがカップル

 あらためて、あらすじを紹介しておこう。実在する砂漠の保養地パーム・スプリングスで、サラは妹の結婚式のスピーチに指名されてしまう。尻込みしているサラに代わってマイクを握ったのは、アロハシャツで短パン姿という浮いた格好をした男性のナイルズだった。サラはピンチを救ってくれたナイルズに興味を抱き、この場限りの関係を持とうとするが、そこで予期せぬ事態が訪れる……。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった (C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 実は、このピンチを救ってくれたチャラい男性は、すでにループの中にとらわれており、数えきれないほど同じ日を繰り返している(だから良さげなスピーチができた)。そして、主人公の女性もまた「道連れ」のような形で、突如としてループに巻き込まれてしまうのである。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった (C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 ループものでは「主人公ただ1人だけ」がループしていることに気付く、はたまたループを繰り返すうちに仲間を作るというパターンが多い。だが、この「パーム・スプリングス」では「1組のカップル」がループに巻き込まれてしまい、ほぼ2人だけが全編で七点八倒するのがユニークだ。その彼らのやりとりを見ているだけでも大いに楽しめるだろう。

2:「セッション」の鬼教師の衝撃

 もちろん、同じ日を繰り返すという異常な状況で、2人がすんなりラブラブになるわけがない。サラは半ばヤケクソになり、運転する車を対向のトラックに突っ込ませるし(もちろんすぐにまた同じ日が始まる)、男性はこの状況を楽しむしかないという理由でヘラヘラするばかりでちっとも問題を深刻に考えない。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった (C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 しかも、性の話題にもけっこうあけすけであり、PG12指定相当の下ネタもそれなりに出てきたりする。そもそも「よく分からないチャラ男といきなりタイムループに巻き込まれる」という出だしから意地が悪い(褒めてる)し、爽やかなイメージとは裏腹のブラックコメディーという対比も強烈だ。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった (C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 そして、ループに閉じ込められたのが実はこの2人だけでなく、「もう1人いる」というのも混沌めいた展開へとつながっていく。しかも、そのもう1人を演じているのは、あの「セッション」の鬼教師役でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優J・K・シモンズなのだ。彼は「セッション」に続いてトラウマ級のキレ演技を披露しており、その瞬間最大風速な笑いを目当てに鑑賞するのもいいだろう。

「セッション」予告編。55秒ごろからの鬼教師役のJ・K・シモンズのキレ演技はトラウマものである。

3:まっとうなラブストーリー、そして人生賛歌へ

 とはいえ、本作は悪意のあるギャグばかりというわけでもない。抱腹絶倒のブラックコメディーが、いつしかまっとうなラブストーリーへと転換していき、さらには人生賛歌へとつながっていくことには、大きな感動もある。

新たなループものの秀作「パーム・スプリングス」レビュー コロナ禍でこそ史上最大級に胸に響く理由があった (C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 あけすけだった性の話題も後に伏線として回収されていくし、チャラく見えていたナイルズの「本質」を知っていくまでの過程はドラマとしても面白く、画的な意味でも「こんなの見たことない!」なロマンチックなシーンがある。果ては「人は何のために生きるのか?」という哲学も提示されるのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. /nl/articles/2105/09/news031.jpg 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?